「あんハピ♪」第5話、ヒビキの方向オンチ

アニメ「あんハピ♪」の第5話「5月9日 迷子の登校風景」。TOKYO MXでは5月5日(木)夜にオンエア
  • アニメ「あんハピ♪」の第5話「5月9日 迷子の登校風景」。TOKYO MXでは5月5日(木)夜にオンエア

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「あんハピ♪」(毎週木曜夜10:30-11:00ほか)の第5話「5月9日 迷子の登校風景」のシーンカットとあらすじを紹介する。

本作は、普通の人より少し不幸な少女らが、幸せになるために高校生活を送る励まし系学園コメディー。天之御船学園には、“負の業”を背負った生徒らが集められるクラスがあった。その1年7組に入学した花小泉杏(はなこ)、雲雀丘瑠璃(ヒバリ)、久米川牡丹(ぼたん)、萩生響(ヒビキ)、江古田蓮(レン)の5人は、互いに励まし合いながら幸せになる方法を模索していく。

【第5話あらすじ】萩生響の不幸は、極度の方向オンチである事。誰の手も借りずに登校するため、ヒビキは3時間の余裕を持って家を出る。「方向オンチ」の不運に見舞われながらも一人懸命に登校する中、ヒビキが思い返すのは今もまぶしい幼なじみの姿だった。

なお第5話は、TOKYO MXより5月5日(木)夜10時30分から順次オンエアとなる。

アニメ「あんハピ♪」
毎週木曜夜10:30-11:00ほか
TOKYO MXほかで放送中

キーワード

[PR] おすすめ情報