「グッドパートナー」でアノ人にグッとくる恋の予感?

「グッドパートナー 無敵の弁護士」で竹野内豊扮(ふん)する咲坂に新たな恋が!?
  • 「グッドパートナー 無敵の弁護士」で竹野内豊扮(ふん)する咲坂に新たな恋が!?

企業法務を専門とする弁護士事務所で働く“ビジネスロイヤー”たちが企業の理不尽に立ち向かう姿を描くドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」(テレビ朝日系)で、竹野内豊演じる主人公の咲坂と同じ事務所で働く松雪泰子演じる佳恵の“元夫婦”に、新たな恋の予感が。

数カ月前に離婚した咲坂と佳恵は、それぞれ弁護士として互いを認め合う仲ではあるものの、既に恋愛感情はなさそう。5月5日(木)の第3話では、それぞれに恋の新展開が訪れる。

佳恵の相手は、顧問先企業の男性社員。仕事で知り合った佳恵に好意を抱いたその男性社員は、佳恵を食事に誘ったり、頻繁に連絡したりと積極的なアプローチをかける。まんざらでもなさそうな佳恵に、咲坂の心中も穏やかではなかった。

さらに、佳恵に思いを寄せていそうな人物で言えば、佳恵が通う日本舞踊の師範・仙石雪之丞(合田雅吏)もその一人。今後、佳恵をめぐり、咲坂を含め(?)男たちがせめぎ合いを見せていくことになりそうだ。

そして一方の咲坂にも淡い恋の予感。依頼人であるIT企業社長の妻からセクシーな誘惑をされてしまう。男性ならコロッとオチてしまいそうなこの誘いに、クールでスタイリッシュな咲坂は抵抗できるのか。

元夫婦の敏腕弁護士たちに突如持ち上がった新たな恋の予感。2人はどう自分の身を“弁護”するのか、それとも相手に押し切られてしまうのか。上機嫌な恋の果実は、弁護士事務所に実っている…のかもしれない。

【第3話のSTORY】猫田(杉本哲太)が担当するベンチャー企業「ヒューガクラウド」の上場案件に緊急事態が。上場に向けて業務委託契約を結んだ会社の経営母体に、暴力団が関与している可能性が浮上したのだ。

咲坂を伴い、「ヒューガクラウド」CEO・日向(高橋光臣)からその会社とつながりを持った経緯を聞いた猫田は、上場が困難と判断し、この案件からは手を引こうとする。しかし、「神宮寺法律事務所」のボス・神宮寺(國村隼)からは問答無用でこの案件を成立させるよう命じられてしまう。

一度暴力団とつながりを持ってしまった会社は、そう簡単には関係を断ち切れない、というセオリーを打ち崩すべく咲坂らは策を練る。

そして手始めに業務委託先の会社「サンデーメディアサービス」を訪れた猫田と咲坂、熱海(賀来賢人)は、業務委託契約書内にある「反社会的勢力排除条項」を盾に、契約解除を申し出る。その要望に対し、「賠償金を支払え」と強気に出ていた「サンデーメディアサービス」の社長・滑志田(星田英利)だったが、次第に情勢が変わり…。

そんなある日、佳恵が顧問先の社員・岸田(横田栄司)からランチに誘われ、神宮寺法律事務所のスタッフの間で浮いたうわさが広まる。その話を耳にし、咲坂は心穏やかでない。

その直後、事務所に咲坂と佳恵の娘・みずき(松風理咲)を盗撮した写真が送られてくる。「これ以上、『サンデーメディアサービス』の件にクビを突っ込むと娘がどうなるか分からないぞ」という脅しと察した佳恵は、この件から手を引くよう咲坂を諭すのだが…。

「グッドパートナー 無敵の弁護士」
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送

キーワード

[PR] おすすめ情報