上戸彩、森川“ニック”に「心奪われました」

「ズートピア」大ヒット舞台あいさつに登壇した森川智之、上戸彩(写真左から)
  • 「ズートピア」大ヒット舞台あいさつに登壇した森川智之、上戸彩(写真左から)

ディズニーの最新ファンタジーアドベンチャー「ズートピア」が、公開3週目にして週末興行ランキングで1位を獲得するなど、日本中で大ヒットを記録。それを受けて、5月10日、東京・港区のTOHOシネマズ六本木ヒルズで大ヒット御礼舞台あいさつが行われた。

今回の舞台あいさつには、主人公であるウサギ・ジュディの声を担当した上戸彩、本作のイベント初登場となるキツネのニックを担当した人気声優・森川智之がニンジン型のマイクを手に登壇。

3週目にして1位を獲得し、大ヒットを記録している本作について、上戸が「皆さんのおかげです。引き続き、たくさんの方に見ていただいて映画を愛していただけたらと思います」と感謝の気持ちを伝えた。

映画を見た若い女性を中心に、森川が担当したニックの人気が爆発中という話題になると、森川が「だから呼ばれたんですかね(笑)」と観客の笑いを誘い、続けて「ニックって大人っぽいでしょ? だからお客さんとの距離があると思っていて。逆にジュディはかわいいのでその人気にあやかれるかなと思っていたら、『ニック、ニック』となっていて…」と自身が担当したキャラクターの人気ぶりに驚いている様子。

すると、すかさず上戸が「(ニックに)キュンキュンしまくりですよ。あのキャラクター全てにキュンキュンします! 本当はジュディが転がさなきゃいけないのに、いつの間にかニックに転がされてる私。心奪われました」と、ニックにメロメロになっていることを告白した。

ちなみに2人はこのイベントで初顔合わせだったが、上戸は「SNSを見ることが好きでいろいろ調べるんです。『上戸彩 ズートピア』って調べると、『森川LOVE』『森川イケメン』ってたくさん出てくるんです。どんな人なんだろうと画像検索したり、ブログ見たりしました」といい、初対面を楽しみにしていたよう。

だが、「きょうはニックっぽくしてきました」という森川の気合いには「本当だ! 気が付かなかった(笑)」と答え、会場を沸かせた。

さらに、上戸の周りでも映画の評判は上々のようで「4Dで見るとめちゃくちゃ面白いらしいです。毛のモフモフ感とかアクションのスピード感とか、匂いとか楽しめるみたいです」と4Dで見ることを勧め、森川は「僕は実は公開してから普通に映画館に見に行きました。感動しました。お客さんがどんな反応か気になってしまって、後を付いて行ったりしました(笑)。グッズ売り場に行ったりしていて、ニックを買ってくれるかなと観察したり…」と、お客さんの生の反応をしっかり確かめた様子。

また、上戸は「隠れミッキーがたくさんいるみたいですよ。あんなところとか、あんなところとか…」と、“通”向けに映画の別の楽しみ方も指南した。

最後に「とてもすてきな作品です。見た後も妄想してどんどん世界観が膨らんでいくように、楽しみがいっぱい広がっている作品ですので、楽しんでいただければと思います」(森川)

「このお話をいただいたとき、かわいいウサギちゃんだなという気持ちと、家族に自慢できるなと思っていたのですが、私自身たくさんいろんなことを教えてもらえた作品だったので、ぜひ皆さんの心にもその思いが届くといいなと思っています」(上戸)と、それぞれ本作の魅力をアピールし、イベントを締めくくった。

「ズートピア」
公開中

キーワード

[PR] おすすめ情報