デジタル

ドコモ新商品発表会に潜入!推しスマホはこの2機種だ!

東海ウォーカー 2016年5月18日 18時44分 配信

すべての写真を見る(12件)
5/11(水)、東京・大阪・名古屋で一斉開催された、NTTドコモ2016夏 新商品・新サービス発表会。ここ名古屋・栄のドコモスマートフォンラウンジ名古屋でも、スマホ5機種、タブレット1機種、モバイルWi-Fiルーター1機種の全7モデルが披露された。各機種のタッチ&トライで、特に注目を集めたのがGalaxy S7 edgeとXperia X Performanceだ。

Xperia X Performance(6月中旬発売予定)の目玉は約0.6秒で高速起動するカメラ。起動から撮影までのスピーディーなモーションは、ストレスを全く感じさず、思い通りの1枚を残すことができる。さらにインカメラも約1320万画像と高性能。「メインカメラが2つある感覚です」と説明員が話すように、従来のスマホでは得られなかったクオリティの自撮りが可能となった。これなら旅先での記念写真や料理写真もバッチリ。InstagramやFacebookを頻繁に活用するユーザーにとって見逃せないスマホとなりそうだ。

Galaxy S7 edge(5/19(木)発売予定)は、ドコモのスマホ史上で最大となる3600mAhのバッテリーを内蔵。約5.5インチの大画面ながら、非常に持ちやすく設計されたデザインも特徴だ。約1220万画素のアウトカメラは、一眼レフカメラの技術を導入し、一つ一つの画素でオートフォーカスを可能とした。スペック・デザイン・カメラと三拍子そろった仕上がりで、期待以上のスマホと感じた。

この2機種を推したい理由は他にもある。これまで周波数帯を重ねることで、積極的に通信の高速化・快適化を図ってきたドコモだが、今回は新たに国内最速※1となる受信時最大375Mbpsを発表した。対応するスマホは現時点でGalaxy S7 edgeとXperia X Performanceのみ。また、クリアな通話を可能にする音声サービス「VoLTE(HD+)」にもこの2機種は対応。「FMラジオ相当」とも言われる音質で快適な通話が楽しめる

タップレスで電話の発信・着信応答ができる新技術「スグ電」にも注目したい。各種センサーを生かした技術で、電話を振って耳にかざすだけで発信が行える。応答・切断・消音・拒否などのアクションも画面にタッチすることなく可能。片手での操作を追求した「スグ電」はこれからのスタンダードになると予想される。

ここではGalaxy S7 edgeとXperia X Performanceを主にピックアップしたが、ドコモの新モデルはこれらに勝るとも劣らないスマホ・タブレットが勢揃い。自分のライフスタイルや好みに合わせて選んでもらいたい。近くのドコモショップやスマートフォンラウンジへ足を運んで、自分の手で確かめてみよう!【東海ウォーカーライター/初野正和】

※1 2016年5月11日現在、日本国内における携帯電話事業者において。ドコモ調べ

新商品についてはYouTube「TokaiWalkerCH」でも紹介しているぞ。動画でもチェックしよう!!
https://www.youtube.com/user/TokaiWalkerCH

おすすめ情報