ライフスタイル

伊勢志摩では有名!? 噂の“イケメン海女”とは?

東海ウォーカー 2009年7月8日 11時45分 配信

すべての写真を見る(9件)
女性のイメージが強かった“海女漁”だが、今では男性の活躍も目覚しい。男性なのに“海女”とは妙な話だが、約50人の海女がいる三重県・志摩市阿児町甲賀地区では、10年前にウェットスーツが解禁になったことにより、男性海女が増えているのだ。

そんな中でも、特に男前の海女のことを、“イケメン海女”と呼ぶらしい。今回出会ったのは、27歳の杉山裕介さんと、21歳の清水健太さん。たしかにどちらも端整な顔立ちの“イケメン”だが、なぜこの時代に“海女”という仕事を選んだのだろう? 2人の素顔に迫ってみた。

「やっぱり海が好きだからでしょうね」と話すのは、杉山さん。海女漁を始めて3年、この世界では“新人”だ。

「ずっと西表島などでダイビングインストラクターをやっていたんですが、父がこの土地にペンションを開くことになり、僕も参加しようと思って引っ越してきました。まずはこの土地のことを知らなければと思い、志摩ならではの“海女”をやってみようと思ったんです」

なんだか都会であくせく働く身からしたら羨ましい気もするが、やはり自然相手なだけに、苦労も相当あるようで…。

「初めはぜんぜん獲れなくて困りましたよ(笑)。やっとですかね、なんとか生活できるくらいのお金を稼げるようになったのは。台風で1週間漁に出られないっていうのもザラですし」

見た目がかっこいいだけに、「チャラチャラしているのでは?」と思われがちだが、家族を養っていくため、毎日“命がけ”で漁をするという杉山さんの言葉は印象的だ。

一方、「アワビ10kg獲れたときの快感はすごいですよ!」と熱っぽく語るのは、海女歴4年目の清水さん。お父さんのスキューバダイビングショップで働く傍ら、自由が利くという理由から海女をはじめたという。

「今では、海女漁の魅力にどっぷりハマっていますよ。やっぱり、自分の力で何かを獲得するというのは気持ちいいですし、アワビ10kgともなると興奮しますよ。海女はおじいちゃんになってもずっとやっていきたいんです。周りに、60代・70代の現役選手がたくさんいますから(笑)」

最後に、“イケメン海女”と呼ばれることについて聞いてみると、「自分では意識しないんですが、言われるとやっぱり恥ずかしいですね」とのこと。はにかむ笑顔は、ごくごく普通の好青年だ。

最近、“渋谷米”など、農業を見直す若者が目立つが、漁業に注目する若者もちゃんと根付いている。これからの彼らの活躍に期待したい。 【東海ウォーカー】

清水さんのダイビングショップ「ダイブステーション」
0599-43-3116

  • 三重県・志摩市阿児町甲賀地区で見かける“イケメン海女”。みんな若くてカッコイイのだ!
  • モデル級のカッコよさ!清水健太さんの素顔はコレ
  • “仕事着”の清水さんはこんな感じ
  • 杉山さんオススメの「鮨暁」にて。「海ブドウの養殖に成功した養殖場で働いていたのですが、その海ブドウがココで食べられます」と杉山さん
  • 「鮨暁」の店主おまかせのにぎりセット、大漁にぎり(2800円)はオススメ!
  • 「鮨暁」は、清水さんもよく飲み会で利用するのだそう
  • 清水さんオススメは、「shu cafe」。自家製ケーキが楽しめる人気カフェだ
  • 「shu cafe」のカウンターは、清水さんの指定席
  • 仕事中の2人は、やっぱりかっこいい!

おすすめ情報

写真で見るニュース

  • 元乃木坂46・深川麻衣が魅せる!“まいまい”スマイル全開SHOT14連発
  • 【写真特集】美しすぎる“女囚”ファッションショー激写! 美の共艶30枚
  • TDL「ディズニー・イースター」デコレーション 画像全15点
  • 東京ディズニーランド「うさたま大脱走!」2017 画像全20点
  • サッカー日本代表、世界への道!4ゴール快勝でついに首位浮上
  • 渋谷ファッション in 第7回 渋谷ファッションウイーク 画像全30点
  • サッカー日本代表、世界への道!因縁の相手に敵地でリベンジ
  • 富士ワンダーランドフェス! 全40点
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【2/2】

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!