山崎育三郎、長ぜりふ&入魂の泣き芝居を披露!

「グッドパートナー 無敵の弁護士」で涙の熱演をする山崎育三郎
  • 「グッドパートナー 無敵の弁護士」で涙の熱演をする山崎育三郎

企業法務を専門とする弁護士事務所で働く“ビジネスロイヤー”たちが企業の理不尽に立ち向かう姿を描くドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」(テレビ朝日系)。

5月26日(木)放送の第6話では、アソシエイト弁護士として、日々パートナー弁護士の佳恵(松雪泰子)をサポートしている“レッド”こと赤星元(山崎育三郎)が、知られざる過去を告白。演じる山崎が気合の泣き芝居に挑む。

これまで佳恵のサポートをしてきた赤星だったが、第6話では咲坂(竹野内豊)のサポートにつき、経営困難に陥ったそばチェーンの再生計画を練ることに。何とか事業を再生させたいと考える咲坂とは対照的に、赤星は財務表を見るなり「再建は不可能」と判断を下す。

冷た過ぎる赤星の意見に、咲坂は時間をかけて再考するよう提案をするのだが…、赤星の非情なまでの「再建不可能」の判断にはある理由が隠されていることが分かる。

その理由は第6話のクライマックスで明らかに…。咲坂、同じアソシエイト弁護士の熱海(賀来賢人)、そして依頼人であるそばチェーンのオーナー夫妻を前に、涙ながらに衝撃の過去を告白する。

赤星と長く組んでいた佳恵ですらも知らなかった赤星の過去とはどういったものなのか。レッド史上最長のせりふに挑んだ山崎の泣き芝居。ミュージカル界のスーパースターの演じる“レッド”が涙ながらに過去を語る姿には、視聴者も思わずスタンディングオベーションを送りそうだ。

【第6話/STORY】

咲坂の元に「蕎麦 いわし丸」をチェーン展開する根岸(六平直政)とその妻・三佐江(千賀由紀子)が相談にやってくる。5、6年前から徐々に経営に行き詰まり、気付いたら借入金の額が3億円を超えてしまったのだという。

銀行からの融資が難しくなったものの、従業員や取引先に迷惑を掛けるわけにはいかないので店を潰すわけにはいかないという根岸のために、咲坂は「蕎麦 いわし丸」の事業再生計画を練ることに…。

熱海はまだ経験が浅いため、財務関係に強い赤星がサポートに入り、再建に向けての計画を考案。だが赤星は「蕎麦 いわし丸」の財務表を見るなり、「再建は無理。早い段階で清算をした方がいい」と断言する。冷た過ぎる赤星の判断に驚く咲坂は「現場を見てから、倒産を勧めるか再建策を考えるか決めよう」と提案する。

早朝から魚市場や「蕎麦 いわし丸」の本店を訪れた3人だったが、そこでも咲坂と赤星の意見はことごとく対立。ますます浮き彫りになる価値観の不一致に、咲坂は赤星に「もうこの件からは降りてくれ」と言ってしまう。

しかし、意地でもこの案件からは手を引きたくない赤星。実は彼が再建ではなく、倒産の道を勧めるのには、ある理由があった。

その直後、咲坂らの再建案に対して、銀行の融資担当から「NO」が出てしまう。いよいよ追い詰められた「蕎麦 いわし丸」だが、三佐江から「主人に『どうにもならなくなったら、俺が死ねばなんとかなる』と言われた」と連絡が入る…。

「グッドパートナー 無敵の弁護士」
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報