映画

『64』後編が前編を上回る好調なスタート!

MovieWalker 2016年6月14日 10時06分 配信

6月11日・12日の興行ランキングで首位に輝いたのは、初登場の『64-ロクヨン- 後編』。全国321スクリーンで公開され、土日2日間で動員28万2693人、興収3億5409万400円という好調なスタートを切った。

すべての写真を見る(7件)
『64-ロクヨン- 後編』は、そのタイトルからもわかるように、5月7日に公開された『64-ロクヨン- 前編』の続編にあたる作品。公開6週目を迎えた『前編』は、今回のランキングでも6位にランクインし、累計動員131万人、累計興収16億円を突破するヒットを見せているが、初週の数字は『後編』が上回った。

『前編』の初週の成績が発表された5月7日・8日の興収ランキングを見てみると、その成績は319スクリーンでの公開で動員20万3703人、興収2億5727万1900円。ほぼ同じ公開規模で、初週の動員、興収ともに『後編』の方が勝る結果となった。

意外かもしれないが、近年公開された2部作にも、今回の同様のケースがある。例えば、『るろうに剣心 京都大火編』と『るろうに剣心 伝説の最期編』、『ソロモンの偽証 前篇・事件』と『ソロモンの偽証 後篇・裁判』、『ちはやふる -上の句-』と『ちはやふる -下の句-』などは、どれも後編の方が初週の数字は良かった。ちなみに、『劇場版SPEC~結~漸ノ篇』と『劇場版SPEC~結~爻ノ篇』は動員は後編、興収は前編が上回るきっ抗した成績。どの作品も腰の強い興行が見せていただけに、『64-ロクヨン-』も前後編合わせてのヒットが予想される。

2位は公開8週目を迎え、なお好調の『ズートピア』。累計興収は65億円を突破している。3位は前週首位だった『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』、4位に『デッドプール』が続く。一方、『64-ロクヨン- 後編』以外の初登場ランクインは、8位の『マネーモンスター』のみ。全国182スクリーンで公開され、土日2日間で動員4万5728人、興収5989万2600円という記録だった。【トライワークス】

64-ロクヨン- 後編

2016年6月11日(土) 公開

横山秀夫のベストセラーを前後編の2部作として映画化したミステリーの後編。わずか7日間しかなかった昭和64年に発生し、未解決となっている少女誘拐殺人事件...

ズートピア

2016年4月23日(土) 公開

動物たちが人間のように暮らす文明社会“ズートピア”を舞台に、警察官になりたいと願うウサギのヒロイン、ジュディとキツネの詐欺師ニックが出会い、巻き起こす...

植物図鑑 運命の恋、ひろいました

2016年6月4日(土) 公開

「図書館戦争」「阪急電車」など数々の作品が映像化されている有川浩の人気小説を、EXILE/三代目J Soul Brothersのパフォーマーである岩田...

デッドプール

2016年6月1日(水) 公開

型破りな言動で人気のヒーロー、デッドプール(=ウェイド・ウィルソン)の活躍を描くアクション。怪しい組織の人体実験によって不死の肉体を手に入れた主人公の...

マネーモンスター

2016年6月10日(金) 公開

生中継のテレビ番組をジャックした犯人と司会者や番組関係者とのやりとりが緊迫感あふれる映像とともにつづられる、ジョージ・クルーニー主演のサスペンス。ジョ...

おすすめ情報