ウルフルズ、活動休止で東京最後のフリーライブを開催!

ウルフルズのヒット曲を熱唱するトータス松本
  • ウルフルズのヒット曲を熱唱するトータス松本

8/29(土)、30(日)に行われるライブ「ヤッサ」を最後に活動休止を発表したウルフルズが、7/10六本木ヒルズアリーナでフリーライブを開催した。

ライブ当日の午前0時にオフィシャルサイトとワーナーミュージック、ウルフルズページにて場所と時間が緊急発表されたのにもかかわらず、当日午前10時より先着順で無料発券された整理券も数分で配布終了。会場付近には整理券を手に入れられなかったファンが列をなし、3500名を越えるファンが集まった。

「今日はどうもありがとう、ウルフルズです。」という挨拶の後、『ガッツだぜ!!』でライブがスタート! 立て続けに『バンザイ〜好きでよかった』と大ヒット曲を披露。その途中のMCでは、トータス松本が、「ドラマに出たり、ソロがあったりして誤解を招く仕事っぷりなのは、申し訳ない。スミマセンでした。4人で音を出すのは楽しいこと、だけどこれを何十年もやっていくかというと自信がない。だからちょっと休みたいなと。」と活動休止に関して触れ、「解散でなく活動休止といったのは、4人ともウルフルズがすごく好きだから。休止して、ウルフルズがここで出などうするんじゃ!という気持ちになったら立ち上がる」とファンへ説明。

ギターのウルフルケイスケは「21年ウルフルズをやってこれたのはみんなのおかげです。本当に感謝しています。休みます!ワガママです。スケールアップしてみんなに会える日がくるといいなと思っています」

ドラムのサンコンJr.は「この先のウルフルズの活動のために、活動を休止することを決めました。こうして目の前にウルフルズがいるので、目いっぱい楽しんでください!」

ベースのジョン・B・チョッパーは「いい事を言おうと思ったんだけど。。。またやれたらなと思います」とそれぞれが話をした。

また、トータス松本は『借金大王』『あの娘に会いたい』といった初期の楽曲のパフォーマンスの後、『笑えれば』『サムライソウル』を力強く歌いあげ、『ええねん』では「信じていればいいねん」とファンへメッセージを届けた。

アンコールは、ウルフルズのライブを締めくくる代表曲『いい女』。演奏後4人揃ってステージの端々に行き、深々とお辞儀をするメンバーに、ファンからは「ありがとう!!」の声があがった。

閉演を告げるアナウンスが流れても鳴り止まない拍手と声援、AAPコール。するとトータス松本が一人で、先ほどとは違う衣装で登場。「今俺が一番やりたいことやっていいですか?」と話し、トータス松本ソロ名義の楽曲『明星』をアコースティックギターで一人熱唱。ウルフルズ活動休止と向き合い、ソロ活動に向かうトータス自身の決意表明として1人1人のオーディエンスと向き合い、熱唱した。

このフリーライブの模様は、7/15(水)NHK総合「SONGS」(午後11時〜)で緊急オンエアされることが決定しているので、生で見れなかった人は、ぜひ見てほしい。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報