幻想的!高台寺の境内が光に包まれる燈明会

ライトアップされた境内は荘厳な雰囲気に包まれる。臥竜池(がりょうち)の水面に映りこんだ木々や、重要文化財の開山堂は絶景
  • ライトアップされた境内は荘厳な雰囲気に包まれる。臥竜池(がりょうち)の水面に映りこんだ木々や、重要文化財の開山堂は絶景

夏の京都を代表する光のイベント「燈明会」が、今年も8/1(土)から18(火)の期間に開催される。

入口には約1000個の提灯が並び、境内は美しくライトアップされ夜の特別拝観が実施される。入場料は600円(圓徳院、高台寺掌美術館共通900円)

また、7/11(土)からは「百鬼夜行展」も開催されている。妖怪が列を成して歩く「百鬼夜行」のほか、幽霊画などが公開される。また、妖怪や幽霊のイラストレーションの展示もある。特別拝観期間には妖怪ののライトアップも行われるので要チェックだ。【関西ウォーカー】

■百鬼夜行展
期間:7/11〜8/31(月)
時間:9:00〜18:30、8/1(土)〜18(火)は〜22:00
  ※ライトアップは日没〜(受付は各30分前まで)
入場料:600円(掌美術館含む)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報