BoAが稀代のヒット・メイカーAkonと初コラボ!

全米デビューを果たし、これからは世界の歌姫を目指すBoA!
  • 全米デビューを果たし、これからは世界の歌姫を目指すBoA!

04年のデビュー以来、米チャートを中心に世界でヒットを連発、これまで発売した3枚のアルバムの総売上げ枚数が1,000万枚を超える稀代のヒット・メイカー、エイコン(Akon)が、東洋を代表する歌姫BoA(22)とコラボレーションすることが分かった。

コラボ・デュエットした楽曲は、エイコンの最新アルバム『フリーダム』(08年12月3日発売)に収録。シングル・カットもされて、ヒットした『ビューティフル』。元々はコルビー・オドニス&カーディナル・オフィシャルといった男性シンガーとのデュエット・ソングで、東洋圏のヒットを目論む形、そして以前からアジアの女性シンガーとのコラボを希望していたエイコンの意向もあり、BoAに白羽の矢が立った。

同曲はブラジル、メキシコ、韓国でもそれぞれ現地の有名シンガーとのコラボが実現している。エイコンは同曲を追加する形で、8/5(水)に『フリーダム+2』としてアルバム発売、同じく8/5(水)に着うた/着うたフル(R)を配信する予定だ。

今回のコラボに際してエイコンは、「BoAの声がとてもキュートで、素敵な楽曲に仕上がったよ。僕たちは今年の「スプリンググルーヴ」で出会った。彼女は今アメリカでCDを出して、インターナショナル・アーティストとして頑張っているから、アメリカでの成功も祈っているよ。今度は一緒にステージに上がれるといいし、また近々共演できる機会があれば嬉しいな」とコメント。

一方、BoAは「ファンでアーティストとして憧れているエイコンの作品に参加できてすごくハッピー! 今年の「スプリンググルーヴ」の会場で私も超盛り上がったいちばん大好きな曲『ビューティフル』で共演できたのは夢みたい。仕上がりもすごくステキなので、この夏は“ビューティフル”をたくさん聴いてくださいね!」とコメントしている。

これまでエイコンはグウェン・ステファニー、マライア・キャリー、ホィットニー・ヒューストン、50セント、R.ケリーらに曲提供/プロデュースを行ってヒットさせてきた実績を持つだけに、アメリカ進出の階段を着実に昇っているBoAにとっては、大きなステップ・アップになるだろう。

なお、エイコンは先日急逝したマイケル・ジャクソンの「スリラー」25周年記念アルバムの一環として“スタート・サムシン”に参加している。さらにマイケルとのデュエット“Hold My Hand”をレコーディングしていたが、この曲はまだ世に出ていない。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報