名古屋のド真ん中にホラーハウスが出現!

東海エリアには心霊スポットとして知られるトンネルがいくつも存在する。これらのトンネルがホラーハウスになると…【次の写真は施設イメージ】
  • 東海エリアには心霊スポットとして知られるトンネルがいくつも存在する。これらのトンネルがホラーハウスになると…【次の写真は施設イメージ】

昨年ナゴヤドームを恐怖で包んだホラーハウスがパワーアップし、「最恐!都市伝説ホラーハウスあきら2」として、8/11(火)から9/6(日)のあいだ、オアシス21に出現する。

このホラーハウスの見どころのひとつが、リアリティを追求したライブ感あふれる演出。「人が人を驚かす」ことに徹底してこだわり、ベテランの演者がゲストの反応に合わせて最も効果的な方法で驚かすのだ。

また、東海エリアの有名な都市伝説をもとに設定されたストーリーにも注目。古いトンネルや幽霊屋敷など、なじみの深い心霊スポットをテーマにしているため、恐怖がより身近でリアルに感じられる設定だ。「血まみれの建物の中、無数のカーテンを開けてすすむ洋館は、足がすくむほど恐いですよ。その先に何が待っているかは秘密です」とは、ホラーハウスのイメージキャラクターを務める三城さん。

今年の夏は、最恐の都市伝説ホラーハウスが、名古屋の街なかに多くの人の悲鳴を響き渡らせそうだ。【詳細は東海ウォーカー7/7発売号に掲載】

入場料:東海都市伝説700円、怨霊墓地500円、2歳以下無料

キーワード

[PR] おすすめ情報