モスバーガーに「チキン南蛮バーガー」が地域&期間限定で復活!

宮崎名物“チキン南蛮”をモス流にアレンジ
  • 宮崎名物“チキン南蛮”をモス流にアレンジ

中国、四国、九州、沖縄エリアのモスバーガー約300店(一部店舗を除く)で、10/21(火)〜11月下旬、九州の郷土料理“チキン南蛮”を使ったハンバーガー「チキン南蛮バーガー」(320円)を発売する。同メニューは平成18年10〜11月にも九州地区限定で販売し好評だったため、今回新たにソースに改良を加えて、さらにおいしさを追求した一品に生まれ変わった。

メインのチキンには柔らかい国産鶏を使用し、ふっくらとした衣をつけて、サックリと揚げ、程よい酸味のある甘酢ソースに絡める。そのポイントとなる甘酢ソースには、和風ダシを効かせて、魚醤を加えることでコクを出した。あと味がすっきりするように、アクセントで一味唐辛子も加えている。チキンの上には、たっぷりのタマネギのみじん切りと、マヨネーズをトッピング。下には千切りキャベツを敷き、ジューシーなチキンとキャベツのシャキシャキの食感が楽しめるメニューに仕上がっている。販売期間は約1か月と短いので、街でいつもの看板を見かけたら、迷わず味わってみて。

【九州ウォーカー/濱崎美紀】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報