抹茶好きは食べるべき!お茶専門店の宇治金時かき氷5選

かき氷の不動の人気メニュー、抹茶氷とあんこの“宇治金時”。関西では、千利休が生誕した地、大阪・堺で味わう“利休抹茶金時”や、京都・宇治で450年以上続く老舗茶舗がプロデュースしたカフェの、最新“宇治金時”まで、お茶にこだわりぬいた専門店ならではの一杯が注目を集めている。そこで編集部が食べ比べして選んだ、お茶専門店の宇治金時を紹介しよう!

千利休生誕の地で食べたい“抹茶金時”

ふわふわの氷に香り豊かなミツをたっぷりかけた「利休抹茶金時」(860円)/茶寮 つぼ市製茶本舗
  • ふわふわの氷に香り豊かなミツをたっぷりかけた「利休抹茶金時」(860円)/茶寮 つぼ市製茶本舗

千利休生誕の地、堺市で1850年に創業した老舗がプロデュースする「茶寮 つぼ市製茶本舗」。お茶はもちろん、香りの良い北海道産小豆を使った自家製あんこや、堺の包丁屋に特注した削り機の刃などで作る、こだわりぬいたかき氷が自慢。温度と湿度が管理された蔵の中で熟成させてコクを引き出した、宇治の厳選した抹茶を使用する「利休抹茶金時」(860円)は、特におすすめだ!

宇治金時×ソフトクリームの最強タッグ!

【写真を見る】注文を受けてからたてた抹茶を使用した「抹茶ソフトクリーム氷」(900円)/袋布向春園 本店
  • 【写真を見る】注文を受けてからたてた抹茶を使用した「抹茶ソフトクリーム氷」(900円)/袋布向春園 本店

大阪市城東区にある、茶葉や茶スイーツなどを販売する「袋布向春園 本店」は、創業から160年以上の老舗。店内の喫茶スペースで1年中提供するかき氷は、抹茶、ほうじ茶、柚子の3種を用意。10月中旬まで食べられる「抹茶ソフトクリーム氷」(900円)は、注文を受けてからたてた抹茶とミツを合わせたシロップがかかった氷の上に、夏だけしか食べられない濃厚なソフトクリームを豪快に盛りつけた人気メニュー。さらに別添えのシロップをたっぷりかけて、贅沢に味わうことができる。

粉末の茶葉を振り掛ける個性派!

目が覚めるほど、お茶の香りや風味がしっかりと感じられる「かき氷 抹茶」(650円)/宇治園 サロン ド テ 喫茶去
  • 目が覚めるほど、お茶の香りや風味がしっかりと感じられる「かき氷 抹茶」(650円)/宇治園 サロン ド テ 喫茶去

1869年に京都の山城で創業し、1941年には大阪・心斎橋に移った宇治園。今年、メニューをリニューアルした喫茶の「宇治園 サロン ド テ 喫茶去」では、ここでしか食べられない新しいタイプのかき氷が登場。9月末まで提供される「かき氷 抹茶」(650円)は、粉末にした茶葉を氷に振りかけることで、従来よりもお茶の風味がしっかり感じられるようになっている。先ずはそのまま食べて、お茶の甘味を堪能してから、別添えのシロップで甘さを調整してみよう!

白玉ぜんざいをアレンジした進化系“宇治金時”

お茶の風味が濃厚な「宇治金時白玉ぜんざい」(600円)は、ぜんざいの甘さとのバランスも最高/Salon de KANBAYASHI
  • お茶の風味が濃厚な「宇治金時白玉ぜんざい」(600円)は、ぜんざいの甘さとのバランスも最高/Salon de KANBAYASHI

創業450年以上を誇る宇治の老舗茶舗「上林春松本店」が、昨年にオープンしたカフェ「Salon de KANBAYASHI」。今年が初めての提供となるかき氷は、人気メニューの白玉ぜんざいをアレンジ。9月末(予定)まで味わえる「宇治金時白玉ぜんざい」(600円)は、抹茶オレをベースにした冷たいぜんざいに、上林春松本店の御薄茶“琵琶の白”の風味を凝縮させた、グラニテという氷菓子やフルーツなどが鮮やかに盛られる。ぜんざいの甘さとお茶の風味のバランスも最高だ!

抹茶の上に抹茶の贅沢かき氷!

「特選いちは氷」(1296円)は、グリーンティーの優しい風味がアイスでさらにマイルドに!/錦一葉
  • 「特選いちは氷」(1296円)は、グリーンティーの優しい風味がアイスでさらにマイルドに!/錦一葉

さまざまな“茶スイーツ”がそろう、京都・三条の錦市場にある茶舗「錦一葉」では、昨夏に初めて登場したかき氷が今年も夏メニューに仲間入り。9月末まで提供される「特選いちは氷」(1296円)は、グリーンティーをベースに抹茶を加え、風味や苦味をプラス。氷の上には濃い抹茶、抹茶、バニラのアイス3種に、栗やイチゴ、あんこなどが乗った贅沢な一杯に。お茶の味を感じられるように、硬めに削った氷の食感が新鮮なかき氷に仕上がっている。【関西ウォーカー】

■茶寮 つぼ市製茶本舗
住所:大阪府堺市堺区九間町東1丁1-2
電話:072-227-7809
時間:10:30~18:00、喫茶11:00~18:00(LO17:30)
休み:火曜(祝日の場合営業)

■袋布向春園 本店
住所:大阪市城東区今福西5-2-5
電話:06-6932-0821
時間:9:00~18:30、日祝10:00~18:30
休み:なし

■宇治園 サロン ド テ 喫茶去
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-4-20 1F
電話:06-6252-7800
時間:1F12:00~18:00(LO17:30)、土日10:00~20:00(LO19:45)、2F10:00~20:00(LO19:45)
休み:なし

■Salon de KANBAYASHI
住所:京都市東山区下河原高台寺塔之前上ル金園町400-1アカガネリゾート内
電話:075-551-3633
時間:11:30~17:00
休み:火曜、ほか不定休

■錦一葉
住所:京都市中京区錦小路通御幸町西入ル鍛冶屋町210
電話:075-253-1118
時間:10:00~18:00(LO17:30)、販売は~19:00
休み:なし

詳細は関西ウォーカー28年06/21号(2016 No.12)に掲載!
最新号・バックナンバーの購入:雑誌バックナンバー販売コーナーへ
BOOK☆WALKERで2016 No.12電子書籍を購入!
Kindleで2016 No.12電子書籍を購入!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報