一般人が指揮官に!?関西独立リーグの“一口監督権”とは

熱い気持ちと意見を村上監督にぶつけよう!
  • 熱い気持ちと意見を村上監督にぶつけよう!

プロ野球チームの監督になる! そんなゲームの世界のような夢をかなえてくれる企画がある! 関西独立リーグの球団「大阪ゴールドビリケーンズ」が企画する“一口監督権”だ。

これは年齢・性別・経験不問のサポーター会員のひとつ。「一般の方に夢を与えるよい機会」と村上隆行監督が語る一口監督権の会員料は5万円。その中身とは…

ポイントは3つ。1つは「練習試合で監督になる!(選抜制)」ということ。応募者のなかから監督が選抜した人が練習試合(日程未定)でチームの指揮をとれる。「私がヘッドコーチとしてサポートするので安心してください」と村上監督。村上“ヘッドコーチ”と相談しながら、盗塁や代打、ピッチャー交代などの指示を出せるのだ。

2つめは「村上隆行監督と意見交換できる」こと。普段の公式戦を見ていて“もっとこうしたら勝てるのに…”と思ったことを監督にメールで送ると、監督からメールが返信されるのだ。「一般の方との意見交換は有意義」と監督は語る。

最後はビリケーンズの主催するホーム36試合に適用される「年間パス1枚+無料招待券10枚」が付いてくること。公式戦の入場料は一般1000円なので、だんぜんお得だ!

地域密着の関西独立リーグならではのユニークな企画、“一口監督権”は球団ホームページから応募可能。5万円を高いと思うか安いと思うかは、あなた次第!【詳細は関西ウォーカー7/7発売号に掲載】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報