この夏食べたい!とらふぐ×イタリアンの最強コラボ

ふぐ刺しのコリコリとした食感も美味しい「ふぐ刺しのカルパッチョ」
  • ふぐ刺しのコリコリとした食感も美味しい「ふぐ刺しのカルパッチョ」

関東と関西を中心に、全国で87店舗を展開するとらふぐ料理専門店の玄品ふぐ、玄品 以蟹茂、ふぐ・かに専門 玄品で、とらふぐ料理とイタリアンをコラボレーションさせたコース料理「美肌とらふぐコース」(全5品・3240円)が7月11日から登場した。

スタートに先駆けて、メディア向けの試食会に行ってきたので、“実食レポート”しよう!

同店でイタリアンを提供するのは初の試み。新メニューは、冬の食材、和食、高級といった、これまでのふぐのイメージを覆し、カジュアルな料理でもっと多くの人に、ふぐを親しんでほしいという思いから誕生した。

「ふぐ刺しカルパッチョ」は、ふぐ刺しにパプリカのピクルスや野菜が添えられ、塩とピンクペッパー、オリーブオイルでシンプルに味付け。厚めに切られたふぐ刺しは、野菜を巻いて食べるのがオススメ。噛めば噛むほど旨みが口の中に広がるふぐが、野菜と見事にマッチ。ポン酢で食べるのとはまた違った、まろやかさも魅力に感じた。

「とらふぐバーニャカウダ」は、プリっとしたふぐ皮の唐揚げや野菜を、自家製のアンチョビ仕立てのソースでいただける。フグ皮の唐揚げはそのまま食べても美味しいが、濃厚なソースでいただくのもまた格別。お酒も進みそうです。

「とらふぐアクアパッツァ」は、ふぐ、あさり、きのこ、トマト、ズッキーニ、パプリカをふぐの旨みを抽出したスープで炊き上げている。カルトッチョ(紙包み焼き)風の蒸し煮にし、素材の美味しさを逃さない工夫がされている。仕上げにたっぷりとオリーブオイルが投入されたので、こってりした味わいかと思いきや、コクがありつつもあっさりとしたスープが絶品だった。

「とらふぐリゾット」は、スタッフが目の前で丁寧に調理。ガーリックオイルにふぐのスープを加え、ふぐ由来のコラーゲンをたっぷりと投入。トマトの酸味もバランスのいい一品だった。

デザートには、「メープルナッツのアイスクリーム」が登場。3種のナッツが入ったメープル味のアイスクリームは満足感あり!好みでゆずシャーベットに変更も可能。

ふぐは冬のものというイメージだが、実はタウリンやコラーゲンが多く含まれ、夏を乗り切るのに最適な栄養素が豊富。高級和食としていただくのとは一味違った、イタリアンのコースは、普段ふぐを食べ慣れていない人や女性にもオススメ。10月末までの期間限定メニューなので、ぜひお試しを!【関西ウォーカー】

■玄品ふぐ 梅田東通の関
住所:大阪市北区堂山町4-17
電話:06-6311-0129
営業時間:平日17:00~23:00(LO22:00)、土日祝12:00~23:00(LO22:00)
休み:なし
※営業時間、休みは店舗によって異なる

キーワード

[PR] おすすめ情報