7つのエリアに40以上のアトラクションが!「レゴランド」の詳細が明らかに!!

2017年4月1日(土)名古屋・金城ふ頭にオープンする、レゴ社のブロックを使った国内初の屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」のアトラクションやパークエリアの概要について、ジェイアール名古屋高島屋で開催中の「レゴ®フェスティバル」オープニングセレモニーの場で発表された。

レゴランド・ジャパンは7つのエリアに分かれていて、それぞれのテーマに沿ったアトラクションやショーが楽しめる
  • レゴランド・ジャパンは7つのエリアに分かれていて、それぞれのテーマに沿ったアトラクションやショーが楽しめる

代表取締役のトーベン・イェンセン氏は「日本初上陸のレゴランド・ジャパンは7つのエリアで様々なレゴの世界が楽しめて、40以上を超えるアトラクションやショーが開催される」と発表。

ドラゴンのジェットコースターに乗って、お城の中を駆け抜けるザ・ドラゴン。ワクワクするアトラクションだ!
  • ドラゴンのジェットコースターに乗って、お城の中を駆け抜けるザ・ドラゴン。ワクワクするアトラクションだ!

エリアは、レゴブロックを使って想像力を自由に発揮させる場所「ブリックトピア」、レゴブロックがどうやって作られるか見学できて、その上出来たてのレゴブロックがもらえる「ファクトリー」、名古屋城をはじめ、日本中から選んだ10か所の景色や町並みをレゴブロックで再現した「ミニランド」、海賊たちと水鉄砲で闘うアトラクション「スプラッシュ・バトル」などがある「パイレーツ・ショア」、レゴランド公式の運転免許がもらえるアトラクション「ドライビング・スクール・サービス・ステーション」がある「レゴ・シティ」、ジェットコースター「ザ・ドラゴン」などがある中世の世界に迷い込んだかのような「ナイト・キングダム」、ダイバーになって海の旅に出られる「サブマリン・アドベンチャー」のあるエリア「アドベンチャー」と個性的な7つで構成。

ブリックトピアにあるビルド・アンド・テスト。レゴの車を組み立てて競争する
  • ブリックトピアにあるビルド・アンド・テスト。レゴの車を組み立てて競争する
レゴランドドライバーズライセンスが取得できるアトラクションドライビング・スクール・サービス・ステーションはレゴ・シティエリア内にある
  • レゴランドドライバーズライセンスが取得できるアトラクションドライビング・スクール・サービス・ステーションはレゴ・シティエリア内にある
ミイラやガイコツが襲いかかるロスト・キングダム・アドベンチャー
  • ミイラやガイコツが襲いかかるロスト・キングダム・アドベンチャー

また、レストランは5つあり個性的な食事やスナックが楽しめるそう。

さまざまなレゴグッズがそろうビック・ショップ。最新のレゴをチェックしよう!
  • さまざまなレゴグッズがそろうビック・ショップ。最新のレゴをチェックしよう!

そして、なんとアジアで最大級のレゴ商品を販売するショップもあり、ココでしか買えないグッズが盛りだくさんとの事!

1DAYチケットは大人6900円、子供(3~12歳)5300円(いずれも税込)で、今年秋よりレゴランドジャパンオフィシャルホームページ、およびセブンイレブン店内のマルチコピー機やセブンチケットのWEBサイトで販売される予定だ。

レゴランド・ジャパンの完成イメージを再現したパークジオラマ。ジェイアール名古屋タカシマヤで見ることができる
  • レゴランド・ジャパンの完成イメージを再現したパークジオラマ。ジェイアール名古屋タカシマヤで見ることができる

もし、いち早くこの世界観を味わいたいならば、ジェイアール名古屋タカシマヤで8月9日(火)まで開催されている「レゴ®フェスティバル」にぜひ足を運んでみよう。

1階メインステージには、縦1.8m横3.7mのレゴランドジャパンの巨大ジオラマがあり、7つのエリアやアトラクションをレゴブロックで再現している。

ジオラマではエントランスをはじめ、細かなところまで再現されている
  • ジオラマではエントランスをはじめ、細かなところまで再現されている
ナイト・キングダムエリアのザ・ドラゴンもレゴブロックで再現!
  • ナイト・キングダムエリアのザ・ドラゴンもレゴブロックで再現!

また、8階には日本でただ一人のプロビルダー三井淳平氏が制作した未来の名古屋駅やホワイトタイガ―などがあるなど、レゴのすごさや楽しさが伝わる作品の数々がタカシマヤ内のあらゆる場所で見ることができる。

日本初上陸のレゴランド、オープンに向けて、どんどん詳細が明らかになり名古屋の街を盛り上げてくれている。今後も目を離せないぞ!!【東海ウォーカー】

LEGORAND(R) Japan 詳細はこちら!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報