alan、草なぎ剛・新垣結衣主演の映画主題歌に大抜擢!

日本映画の主題歌は初めてというalan。どのような歌声を聴かせてくれるのか
  • 日本映画の主題歌は初めてというalan。どのような歌声を聴かせてくれるのか

大ヒット映画『レッドクリフ』PartI・PartIIと共に全世界主題歌を手がけ、一躍有名となったalan。彼女が今度は草なぎ剛、新垣結衣主演の映画「BALLAD 名もなき恋のうた」(9/5(土)公開、山崎貴監督)の主題歌に決定した。

この曲のタイトルは映画と同じく『BALLAD 〜名もなき恋のうた〜』、一人の人を深く大切に思う気持ちを表現したバラード曲に仕上がっている。

中国四川省出身のalanが日本の映画主題歌に決まったのは初めて。alan主題歌起用の理由&経緯について山崎監督は、「この度『BALLAD 名もなき恋のうた』の主題歌アーティストがalanに決定しました。時代を越える話の映画主題歌として、時間を感じさせる壮大な感じと同時に、せつなさも感じさせる、例えば、その歌を聞いただけで昔に行けるような主題歌を求めていた」とコメント。

山崎監督が偶然alanの歌を耳にし、「そのしっかりとした歌唱力と強さから、この人にやってもらえれば」とオファーし、alanの10枚目のシングルが『BALLAD 名もなき恋のうた』の主題歌に起用されることになった。そして、その曲名も映画タイトルのまま「BALLAD〜名もなき恋のうた〜」に決定。

ひたむきに、ただひたすらに祈りを捧げ、深く大切な人を想う気持ちを綴ったこの楽曲は、人の成長や絆の再生をも訴えており、「姫の気持ちを歌ってもらいたかった」監督の思惑とぴったりマッチし、「映画を後押しして1ランク上げてくれる、BALLADというタイトルの映画にふさわしい主題歌を頂けたと思います」と、監督も大満足の主題歌となっている。

そして、alanも「今回、この映画の主題歌を歌わせていただけれるチャンスに恵まれ、大変光栄です。素晴らしいキャストの皆さん、スタッフの皆さんの一員になれ、とても嬉しく思っています。

この曲は「悲恋」がテーマの曲ですが、必ずしも悲しいだけではないんです。未来に生きる強い意思を持って、自分にとって心から大事な人を思う気持ちを丁寧に唄いました。“大事なのは自分の気持ち”・・・変わらぬ愛が人を強くし、絶え間ない想いが人と人の絆を生むと思います。タイトルにある「名もなき恋のうた」とは、この恋は決して特別な意味は持たなく、誰もが抱いたことのある恋のうたなんです。皆さんもきっと「ちいさな祈り」を1度は経験したことがあるのではないでしょうか?」とコメントしている。

alanは、前作「久遠の河」がオリコンデイリーランキングで1位を獲得(4/12付)、オリコンシングルウィークリーランキングでも3位(4/20付)を獲得し、中国出身アーティスト史上初の記録を樹立。大人気ファッション紙「AneCan」(小学館)の専属美容モデルにアーティストとして初めて出演するなど活躍の幅を着実に広げている。今後もalanの活躍に期待したい。

【CDリリース情報】
10th シングル「BALLAD 〜名もなき恋のうた〜」(2009.9.2(水)Release)
(CD+DVD)1,680円(tax in)
(CD only)1,050円(tax in)

キーワード

[PR] おすすめ情報