新日・棚橋弘至、ドラマ共演の市川海老蔵の裏話告白!

「石川五右衛門」で市川海老蔵と共演する棚橋弘至選手
  • 「石川五右衛門」で市川海老蔵と共演する棚橋弘至選手

テレビ東京系で10月クールに放送される、市川海老蔵主演の「金曜8時のドラマ『石川五右衛門』」に、新日本プロレスリングの棚橋弘至選手が準レギュラーとして出演することが決定した。時代劇初出演であり、連ドラ準レギュラーも初となる棚橋選手が会見で心境を語った。

棚橋選手が演じるのは、謎の剣豪として暗躍する榊基次(さかきもとつぐ)。戦国時代の剣豪・塚原卜伝が開いたとされる「新當流(しんとうりゅう)」の剣術を操る浪人で、豊臣秀吉(國村隼)の家臣・石田三成(丸山智己)につき、容赦なく邪魔者を始末する冷徹な殺し屋だ。劇中では、五右衛門(海老蔵)と戦いを繰り広げる役どころ。

プロレスと体の使い方が異なる剣術の所作に苦戦することもあった棚橋選手は「海老蔵先生に教えてもらいました」と座長の気遣いで撮影の日々を乗り切ったという。

海老蔵について「ツバとツバを合わせてにらみ合うシーンがあったのですが、海老蔵さんのクワッとした目力がすごかった。僕は見開いても切れ長で一重で…(笑)」と共演シーンを振り返った。

また、撮影現場での海老蔵の様子を「ブログをたくさん更新されていました。ただ、ドラマは情報解禁があって、出演が発表される前の僕が見切れていたりするとその写真は出せないわけで。でも海老蔵さんはスタッフさんに『えー、(写真出して)いいじゃん!』とせめぎ合っていましたね」と明かし、会見場を笑わせていた。

さらに、ドラマ出演が発表され、周囲の反応は「マイクパフォーマンスの滑舌を知っている人たちからは、心配の声の方が多かったです(笑)」と不安視されているようだが、「ジャンルを、垣根を越えてプロレスをアピールしたいと思っていました。夢がかないました! プロレスの魅力が伝われば」と本人はプロレス界への貢献を誓った。

「金曜8時のドラマ『石川五右衛門』」
10月クール
テレビ東京系で放送予定

脚本=樹林伸、渡辺雄介、森下直、大原久澄、山本むつみ
演出=石原興、服部大二、井上昌典
出演=市川海老蔵、國村隼、比嘉愛未、田中美里、山田純大、前野朋哉、高月彩良、AnJu、丸山智己、棚橋弘至、益岡徹、榎木孝明ほか

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報