ミュージカル「イン・ザ・ハイツ」韓国版が上陸!

韓国版「イン・ザ・ハイツ」のワンシーン
  • 韓国版「イン・ザ・ハイツ」のワンシーン

韓国版ミュージカル「イン・ザ・ハイツ」が、ことし8月に東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで上演されることが決定した。

キャストには、チョン・ウォニョン、INFINITE・ドンウ、SHINee・Key、Double S 301・キム・ヒョンジュン、イ・サンイ、オ・ソヨン、J-Min、チェ・スジン、f(x)・ルナといった人気と実力を兼ね備えた強力なメンバーがそろう(トリプルキャスト、ダブルキャストでの出演)。

この作品はアメリカ・ブロードウェイで上演され、'08年度トニー賞最優秀作品賞含む4部門を受賞し、'09年度グラミー賞最優秀ミュージカルアルバム賞受賞という快挙を達成した大ヒットミュージカルを、韓国人キャストによる“韓国版イン・ザ・ハイツ”として'15年に韓国で上演したもので、今回が日本初上陸となる。

移民が多く暮らすアメリカ・マンハッタン北西部の都市ワシントンハイツを舞台に、移民たちが夢や希望を抱きながらエネルギッシュに生きていく姿を、ラップ、ヒップホップ、ストリートダンスを取り入れ、パワフルに描いたミュージカルとなっている。

ことしのトニー賞でミュージカル作品賞をはじめ、脚本賞、楽曲賞、主演男優賞を含む全11部門を受賞した話題作「ハミルトン」を手掛けたリン=マニュエル・ミランダ。

その彼が、'07年にオフ・ブロードウェイで発表したのが、このミュージカル「イン・ザ・ハイツ」だ。その翌年の'08年にはオン・ブロードウェイで上演され、トニー賞&グラミー賞受賞につながった。

リン=マニュエル・ミランダをスターダムに駆け上がらせたミュージカル「イン・ザ・ハイツ」の韓国版が、日本にやってくる! 

多方面で活躍している実力派キャストによる、迫力の歌とダンスは必見。今まで感じたことのないエネルギーとパワフルな新しいミュージカル。ぜひ劇場に足を運んで体感していただきたい。

「イン・ザ・ハイツ」(韓国語上演、日本語字幕付)
公演期間=8月19日(金)~9月3日(土)
会場=東京・渋谷 Bunkamuraオーチャードホール
原案・作詞・作曲=リン=マニュエル・ミランダ
演出・韓国語歌詞=イ・ジナ
音楽監督=ウォン・ミソル
振付=チェ・ヒョンウォン、キム・ジェドク
キャスト=ウスナビ役…チョン・ウォニョン/ドンウ(INFINITE)/Key(SHINee) ※トリプルキャスト
     ベニ―役…キム・ヒョンジュン(Double S 301)/イ・サンイ ※ダブルキャスト
     ヴァネッサ役…オ・ソヨン/J-Min ※ダブルキャスト
     ニーナ役…チェ・スジン/f(x)・ルナ ※ダブルキャストほか
チケット料金=S席・1万6000円(税込) A席・1万1000円(税込)※全席指定
一般発売開始=8月6日(土)朝10:00~
【HP】musical-intheheights2016.jp/
主催=S.M.Culture & Contents/Quaras

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報