マイケル・ジャクソンの“最後の日々”が映画化

スクリーンで会える
  • スクリーンで会える

そろそろ出て来るだろうと誰もが思っていた故マイケル・ジャクソン関連映画だが、先陣を切るのは『ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー』(08)のケニー・オルテガ監督のようで、7月に予定されていたロンドンでの復帰コンサートに向けて準備していたマイケルのリハーサル映像を編集・映画化するという。

米バラエティ誌によれば、配給はソニー・ピクチャーズが有力だそうで、AEGエンターテイメントに5000万ドルをオファーしているという。復帰コンサートの振り付けの総指揮者も務める予定だったオルテガ監督は、自ら撮影していたマイケルのリハーサル映像の編集作業をすでに開始しているそうで、年内公開を希望しているという。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報