“りーめろ先輩”が旨さに悶絶!1000円焼肉食べ放題を体験

Twitterで10万人以上のフォロワーに支持され、自撮りや変顔(?)で有名な“りーめろ先輩”こと莉音さん。「とにかく肉が好き!」という彼女が、ニコニコ生放送「ウォーカーチャンネル」で激安焼肉食べ放題を体験した。

90分1000円で味わえる激安焼肉(利用は東京ウォーカー掲載のクーポン持参、予約必須)
  • 90分1000円で味わえる激安焼肉(利用は東京ウォーカー掲載のクーポン持参、予約必須)

七輪焼肉 安安で行われている激安の焼肉食べ放題は、東京ウォーカー連動のスペシャル企画。破格の「1000円で食べ放題」メニューが提供され、90分間、厳選された良質な肉を味わうことができる(ラストオーダーは終了20分前)。

今回お邪魔したのは七輪焼肉 安安の宮益坂店。「1000円で焼肉食べ放題なんて(採算的には)大丈夫なんですか?」と気になる質問をぶつけると、「お店としてはとても思い切りました。ですが、『安心できるものを安く提供する』という会社の理念にのっとり、実現に至りました」と、安安を運営する株式会社富士達の由元ブロック長は語った。

「クイズの勝者しかお肉は食べられない」と言われ驚く莉音とMCアシスタントのマミタス (放送中の一コマ)
  • 「クイズの勝者しかお肉は食べられない」と言われ驚く莉音とMCアシスタントのマミタス (放送中の一コマ)

由元ブロック長のお話しを受け、お肉も並んだ状態で早速、焼肉開始…と思いきや、まずは、莉音さんと、MCアシスタントである東京ウォーカー編集部のマミタスによる“先輩”の座をかけた焼肉クイズ”がスタート。クイズに敗れたほうはお肉が食べられない!と宣言され、肉好き女子の2人は闘志を燃やし、「一番カロリーが低い部位」や「一番オトクな部位」などのクイズに答えた。

【写真を見る】「う~ん!」と、お肉のおいしさに悶絶の莉音 (放送中の一コマ)
  • 【写真を見る】「う~ん!」と、お肉のおいしさに悶絶の莉音 (放送中の一コマ)

結果は見事、莉音さんの勝利!負けてしまったマミタスは肉が食べられないとショックを受けていたが、「マミタスも食べて〜」という視聴者の温かいコメントに救われ無事に肉をゲット。その後は和やかな雰囲気でトークに花を咲かせた。

1000円焼肉を楽しむには、東京ウォーカーが必須!
  • 1000円焼肉を楽しむには、東京ウォーカーが必須!

とにかく肉が大好きだという莉音さん。以前は一人焼肉をするため、焼肉店に週2で通っていたとのこと。中でも最新のエピソードとして“一人サムギョプサル”のいきさつを語ってくれた。

“りーめろ先輩”こと莉音がお腹いっぱいお肉を堪能!
  • “りーめろ先輩”こと莉音がお腹いっぱいお肉を堪能!

「仕事が早く終わって、サムギョプサルを食べたくなったので1人で食べに行ったんです。そこで一生懸命たくさん食べていたら、近くに座っていたお客さんに気付かれたみたいで。女の子のグループだったんですけど、その子たちが帰る前に声をかけられました。その後もお肉を楽しんで、さて帰るぞと思ったときに、なんと店員さんに『この間テレビで見ました』と言われて、なんだかすっごく恥ずかしくなっちゃいました(笑)」と、莉音さんは照れながら語ってくれた。

もっとも、その直後、「最初は、1人で焼肉を食べるのが恥ずかしかったけど、お肉に集中するから今では気にならなくなりました」と笑ってコメント。対してマミタスは「一人焼肉、以前やってみたんですが、結構心折れました」と答えた。

七輪焼肉 安安×東京ウォーカーのスペシャルクーポンでおいしくお得に焼肉を食べよう
  • 七輪焼肉 安安×東京ウォーカーのスペシャルクーポンでおいしくお得に焼肉を食べよう

「安安さん、おいしくて安くてハマっちゃうかも!通おうかなあ」と莉音さんが放送を締め、番組は終了。由元ブロック長いわく、「お肉をたくさん食べるコツは、一番最初に野菜を食べることです。うちで言えばサラダや塩キャベツですね。それが胃もたれを抑えてくれます。先に野菜を食べることでお肉をいっぱい食べられるかもしれません」とのことなので、この夏は安くお得に焼肉食べ放題を楽しもう!

なお、この放送は期間限定でタイムシフト試聴が可能。莉音さんが目を輝かせながら焼肉を味わう姿を見逃さないで。【東京ウォーカー】

■タイムシフト試聴

スマートフォンから視聴したい場合はniconicoアプリをダウンロード!
>>>スマートフォン動画はこちら

詳細は2016年7月20日発売の「東京ウォーカー28年8月号」に掲載!
「七輪焼肉 安安」の「1000円で食べ放題」を利用したい方は入店時に7月20日発売の「東京ウォーカー」に掲載されているクーポンが必要なので、忘れないようにしよう。
最新号・バックナンバーの購入:雑誌バックナンバー販売コーナーへ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報