「ご当地食材モロ」を高校生がアレンジしたバーガー発売!

栃木県立宇都宮場行高校ビジネス研究部の学生がIFC栄養専門学校(宇都宮市)と共に、栃木県の伝統食材「モロ」を使ったレシピを考案。東北道上河内サービスエリア(上り線)にて、7月30日(土)から「モロバーガー」(税込450円)として販売する。

高校生達が考案した「モロバーガー」
  • 高校生達が考案した「モロバーガー」

「モロ」とは、ネズミザメの切り身のこと。栃木県では昔から煮つけ等で食べる習慣があるという。そのモロをフライにしてバンズに挟んだ「モロバーガー」。今回、学生達が考えたレシピを元に、上河内サービスエリア(上り線)を運営する運営するあさやホテルが改良を加え、販売する運びとなった。

モロのフライは、フィッシュフライより鶏肉に近い食べごたえのある食感。中華風の甘酢ダレがモロのフライの味を引き立たせる。

その他、チェダーチーズをトッピングした「モロチーズバーガー」(500円税込)と、あさやホテルオリジナルのカレーソースをトッピングした「モロカレーバーガー」(税込500円)も販売。

販売開始の7/30(土)11時頃から、考案した県立宇都宮場行高校ビジネス研究部の生徒も来て販売をPRするとのこと。この夏、味わってみてはいかが。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報