キュウリの使いきりレシピ3つ【白神彰のベジこん】

キュウリも意外といろんな料理に
  • キュウリも意外といろんな料理に

「12人の優しい殺し屋」に登場する料亭「しらかみ」店主・白神彰が、野菜使いきりレシピを伝授。サラダだけじゃない、旬のキュウリ料理を紹介します。

<キュウリのさっぱり中華風炒め>

1 キュウリは火を通すと独特のエグみが出ますが、エグみの原因は外皮の部分に含まれているんです。ですので今回は皮をピーラーできれいにむいてしまいます。皮はあとで使いますので捨てないでおいてくださいね。

2 キュウリ2本を斜め薄切りにします。水分はキッチンペーパーなどで軽くふき取ってください。

3 フライパンにゴマ油大さじ1、軽くつぶしたニンニク1かけ(なければおろしニンニク)を入れます。香りが立ってきましたら先ほどのキュウリを入れて炒めます。

4 塩で味をととのえ、最後に白ゴマを振り、軽くあえましたら完成です。お召し上がりの前に粗挽きの黒コショウを挽いていただくと、アクセントになってさらにおいしくなります。

<キュウリとササミの簡単あえもの>

1 少しだけぜいたくをして鶏のササミも使いたいと思います。鶏ササミ1本に酒小さじ2、塩小さじ1を振り、ラップをして電子レンジで3分チンします。この「蒸し鶏風ササミ」はあらゆる場面で活用できますので、ぜひ覚えておいてください。

2 チンしたてのササミはうまみが外に出てしまっているので、常温で2〜3時間ほどかけて冷まします。そうしますと抜け出たうまみがゆっくりと戻ってくるんです。

3 キュウリ2本は水洗いし、斜め薄切りにします。そこにショウガ1かけをせん切りにしたものと、ピーラーでむいて残った皮(適当な長さに切りそろえる)、塩小さじ1を入れ軽くあえます。10〜15分ほどそのまま置いておきますと、キュウリから水が出てきますので、しっかりと絞ります。

4 キュウリに先ほどのササミを手でほぐしながら入れ、最後にしょうゆ大さじ1、ゴマ油大さじ1/2を入れ軽く混ぜ合わせれば完成です。鶏ササミがなくても、かなりおいしいですよ。

<キュウリのぼしぶしあえ>

1 水洗いしたキュウリ2本を細切りにし、塩小さじ1で軽くもんだら15分ほどそのままにしておきます。

2 そのあいだに梅干し1個の種を取り、包丁でたたいておきます。

3 キュウリから出た水を、これでもかというくらいしっかりと絞ります。

4 水分を絞りきったキュウリに、梅干しのたたきと、カツオ節半パックを入れ、麺ツユ小さじ2を入れてササッとあえれば完成です。麺ツユがなければしょうゆでもかまいませんよ。

※漢字クイズの答えは「キュウリ」です【シュシュ7/23発売号 連載「ベジこん」第9回より転載】

キーワード

[PR] おすすめ情報