加藤鷹「僕ならやりチン映画にします」と童貞映画をPR

カリスマAV俳優・加藤鷹も映画を応援
  • カリスマAV俳優・加藤鷹も映画を応援

30歳の童貞男が、自身のコンプレックスを克服しようと行動を開始するさまをコミカルに描いた『童貞放浪記』(8月8日公開)。その公開に先がけ、スペースFS汐留では特別試写会が行なわれ、キャスト陣や監督が集結。それぞれが作品にこめた思いを語った。

なかでもヘルス嬢役を演じた結城リナは、ヒロインの神楽坂恵に向かい「スクリーンで見て改めて思ったけど、胸デカイですね」とコメント。対する神楽坂も「私も映画で見て、自分の胸デカッ!って思いました(笑)」と答え会場を沸かせた。

またイベントの後半にはトークショーも開催され、AV界のカリスマ・加藤鷹も登場。小沼雄一監督や主役の童貞男を演じた山本浩司、全国童貞連合会長(!?)の渡辺伸らを交えての童貞談義に花を咲かせた。

自身の童貞喪失体験について聞かれた加藤は「初めての体験というのはやはり重要。その時の内容次第で、その後の人生がポジティブにもネガティブにもなりますから」と、含蓄のあるコメントを語った。そして最後に、自身が監督をするならどんな作品にしたいか聞かれると「童貞映画は僕には難しいなぁ。やりチン映画ならできるかも(笑)」と答え、他の登壇者のみならず会場全体を笑いの渦に包んだ。【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報