『バットマン』に影響を与えた“幻のアメコミ”が復刊!

「バットマン」史上、伝説的名作が復活!
  • 「バットマン」史上、伝説的名作が復活!

アメリカン・コミックの“幻の名作”がついに復刊する! 昨年夏に公開され大ヒットを記録した「バットマン」シリーズの『ダークナイト』。その原作者でグラフィックノベル界の巨匠フランク・ミラーによるコミック「ダークナイト・リターンズ」が豪華資料を追加し、復刊する。

「スーパーマン」や「スパイダーマン」など、子供だけでなく大人をも魅了するアメコミの世界。近年では「デアデビル」や「シンシティ」など数々の作品が映画化されている。

本書「DARK KNIGHT バットマン:ダークナイト」は、のちに『バットマン』(89)を監督したティム・バートンやクリストファー・ノーランの『バットマン ビギンズ』(05)にも影響を与え、本国アメリカでは「ウォッチメン」と並ぶ不朽の名作として称されている。

今回は、続編の「ダークナイト・ストライクス・アゲイン」も掲載し、フランク・ミラーによるオリジナル・プロット、ネームの下描きなど豪華資料を追加。「バットマン」の世界を語る上で欠かせない永久保存版となって生まれ変わった。

現代ヒーローの抱える苦悩を描いた単なるヒーローものにとどまることのないハイレベルな物語は、大人をも虜にするディープな世界。520ページのボリュームにおよぶ充実の内容は、「バットマン」のコアなファンにとってはもちろん、新たに「バットマン」の魅力を発見するためにもマストな1冊となるだろう。「DARK KNIGHT バットマン:ダークナイト」は9月2日発売予定、税込3990円。【MovieWalker】

「DARK KNIGHT バットマン:ダークナイト」(小学館集英社プロダクション)
オールカラ― 520ページ
3990円(税込み)
9月2日発売予定

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報