読者モデルとしても有名!関西圏でブレイク中の「近藤夏子」って誰?

エネルギッシュなライブパフォーマンスが女性を中心に人気の近藤夏子
  • エネルギッシュなライブパフォーマンスが女性を中心に人気の近藤夏子

「近藤夏子」というアーティストをご存知だろうか?

彼女は、その自己発信力溢れるファッションセンスから、CUTiE・girl's style・Zipper・mina・カジカジなど数多くのファッション誌に登場。常に人気ランキング上位にランクインしている人気読者モデル。だが、その実は、今、関西のインディーズシーンを中心に大きな話題を呼んでいる大阪在住のシンガーソングライターである。

しかも、“あぁ、よくあるモデルから歌への転向ね”と思えば、そうではない!

父親は和太鼓を、母親はコーラスをやっていたという音楽一家に育った彼女は、2歳からピアノを習い、中学2年生の頃から弾き語りを始めていた。そして、高校時代の3年間はバンド活動、17歳の頃からは大阪のライブハウスを拠点にライブ活動を行なうほか、キタやミナミなどでストリートライブを敢行。

その感性に響く独特な歌声、印象的なメロディー、せつない詞の世界、そしてキーボードを“叩き語る”ようにして歌うエネルギッシュなライブパフォーマンスが、女性を中心に多くの人々の心を魅了している要注目のアーティストだ。

そのため、MBSの人気音楽番組「MUSIC EDGE」では、早くも連続特集が組まれ、シングル曲「リハーサル」が同番組の8月度「EDGE TUNE」(レコメンドPUSH楽曲)にも選出された。また、オフィシャルブログは一日で20万ページビューを超えるなど、ブログでも大きな人気を集めており、インディーズにも関わらず、その人気ぶりはメジャー級のアーティストだ。

そんな彼女だけに、ライブの人気も凄い! 7/25に大阪RUIDO にて敢行した、自身初のワンマンライブは、チケットが完売。ライブでは、ドラム・ベース・ギターを従えキーボードを激しく「叩き語る」ようにして歌うエネルギッシュなアッパーチューンから、心に染み入る弾き語りバラードまで、アンコールを含め全12曲を演奏。観客の熱いリアクションとともに、時に激しく、時に温かく進行したライブパフォーマンスで、会場を大きな感動に包みこんでいた。

また、タワーレコード梅田NU茶屋町店にて一店舗限定シングルを発売。過去2作のライブ会場限定発売CDの大きな反響を受け、初のCDショップでの発売となった本作品は、その突き抜ける高い音楽性から、一店舗限定発売に関わらず大きな話題を呼び、同店のインディーズチャート第1位を獲得。総合チャートでも第3位にランクインした。(※インディーズチャート・総合チャートとも7/25付)

関西圏を中心に人気のアーティスト近藤夏子。今はまだ人気が限られたエリアのみの彼女だが、全国へ飛躍する日もそんな遠くないだろう。今後の近藤夏子の活動に注目したい。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報