V2の『シン・ゴジラ』は2週目で興収21億円突破!

リオオリンピックがいよいよ開幕したこの週末。日本人選手の熱戦がメディアを賑わせる一方で、映画館もお盆興行に向けヒートアップ!8月6・7日の週末ランキングでは、先週初登場1位の『シン・ゴジラ』が首位をガッチリキープし、V2を飾った。

快進撃を続ける『シン・ゴジラ』
  • 快進撃を続ける『シン・ゴジラ』

公開2週目にして興収21億円を突破した『シン・ゴジラ』だが、ネット上での議論が過熱!twitterなどでは「すでに複数回見た」というリピーターの存在も確認でき、総監督を務めた庵野秀明の代表作「エヴァンゲリオン」シリーズのような熱狂ぶりから、今後どこまで数字を伸ばせるかに注目したい。

好スタートの『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』
  • 好スタートの『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』

新たにTOP10にランクインした初登場組の中で最上位の4位となったのは、『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』。土日2日間で動員19万人、興収2億7566万円を記録し、(夏の劇場版としては)ここ5作の土日2日間成績では最高記録となった。

【写真を見る】同時上映の『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキ サーカス パニック!』は動物がモチーフの戦隊ヒーロー
  • 【写真を見る】同時上映の『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキ サーカス パニック!』は動物がモチーフの戦隊ヒーロー

おそらくその一因が、ゲームがモチーフの「仮面ライダーエグゼイド」の登場。夏の劇場版には、次シリーズの仮面ライダーがゲスト出演するのが恒例となっており、公開直前の8月4日に「アメトーーク!」でテレビ初出演を果たし、斬新なビジュアルが話題を呼んだ。同番組出演時の姿からさらに進化した姿を披露するというのもあり、いち早く見たいがために劇場に足を運んだという人も多いだろう。

人気児童文学を3DCGアニメ化した『ルドルフとイッパイアッテナ』
  • 人気児童文学を3DCGアニメ化した『ルドルフとイッパイアッテナ』
映像化不可能と言われた人気コミックを映画化した『秘密 THE TOP SECRET』
  • 映像化不可能と言われた人気コミックを映画化した『秘密 THE TOP SECRET』

5位には人気児童文学を3DCGアニメ化した『ルドルフとイッパイアッテナ』が登場。こちらは動員17万人、興収2億1104万円を記録。かわいらしい風貌のネコたちの活躍が楽しい1作だ。また、6位には生田斗真主演のサスペンス『秘密 THE TOP SECRET』がランクインとなった。【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報