映画

成宮寛貴らワルメンたちが、フルCGの刑事&ヤクザに!?

MovieWalker 2009年7月31日 16時14分 配信

すべての写真を見る(7件)
全世界での累計販売本数が320万本を突破し、映画化もされた大人気ゲーム「龍が如く」。そのシリーズ最新作「龍が如く4 伝説を継ぐもの」(発売日未定)に、ワルメン俳優としても活躍が光る成宮寛貴と桐谷健太がフルCGのキャラクターとして登場することになった。

本作は、架空の歓楽街・神室町を舞台に“堂島の龍”と呼ばれる伝説の極道・桐生一馬が巨悪と戦う姿を描いたアクション・アドベンチャーゲーム。毎回、渡哲也や館ひろし、中村獅童に寺島進といったゲームの雰囲気にマッチした俳優たちがCGキャラクターとして出演している本シリーズだが、成宮たちも彼ら同様、重要なキャラクターを演じることになりそうだ。

今回、成宮が演じるのは、神室署・生活安全課の刑事“谷村正義”。『ドロップ』『ごくせん THE MOVIE』にも出演した彼が、ゲーム中ではどんな刑事を演じるのか大いに気になるところだ。成宮自身も「ストーリーに深く絡んでくる非常に重要な役なので、気合を入れて演じたいと思っています。みなさんの期待を決して裏切らない素晴らしい作品に仕上がると思います」とその意気込みを語ってくれた。

また『クローズZERO II』『ROOKIES 卒業』で個性的な演技を見せた桐谷健太は、物語に大きく絡む東城会という組織に属する極道“城戸武”を演じ「極道なのですが、ステレオタイプの演技は意識せず、自分で感じたままニュートラルに演じさせてもらいました」とコメント。さらに「ストーリーの方も、今までの世界観と新たな世界観が上手く組み合わさって奥深くなり、先が読めない展開で非常に面白かったですね」と、ゲームの内容に関わる情報もポロリと洩らしてくれた。

シリーズのファンとしては「伝説を継ぐもの」というサブタイトルも意味深で興味をそそられるところ。まだまだサプライズもありそうなので、今後の最新情報にも目を光らせておこう!【トライワークス】

関連記事

おすすめ情報