家族で嬉しい!アカデミー賞受賞の日本製アニメを格安で堪能

アカデミー賞受賞作『つみきのいえ』をみんな揃って見に行けるチャンス
  • アカデミー賞受賞作『つみきのいえ』をみんな揃って見に行けるチャンス

2009年の第81回アカデミー賞で、短編アニメーション賞に輝いた日本発の作品『つみきのいえ』。このたび、本作を創った映像制作会社ROBOTから生まれた短編アニメ20本が特集上映されることになった。

この映像制作会社ROBOTの社内ユニット「アニメーションスタジオCAGE」は、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの企画制作でも知られ、『つみきのいえ』の監督・加藤久仁生をはじめ、野村辰寿、稲葉卓也、坂井治の4人の個性と才能を併せ持つアニメーション作家が所属している。テレビ番組、CM、ミュージックビデオなどで、様々な手法のアニメーションを手掛けているので、目に触れている人も多いはず。

小学生以下は無料の特集上映ということで、この機会に家族を連れだって、多彩で奥深い作品を楽しむのもよいかも。本特集上映は東京都写真美術館にて、8月8日〜21日まで(一般1000円、中学・高校生800円、小学生以下無料)。【MovieWalker】

●ROBOT ANIMATIONS WORKS 『つみきのいえ』とアニメーションスタジオCAGEの世界
期間:2009年8月8日(土)〜2009年8月21日(金)
場所:東京都写真美術館(※休館日:毎週月曜日)
上映時間:10:30/12:00/13:30/15:00/16:30/18:00/19:30
料金:一般・学生・シニア(60歳以上)1000円/中学・高校生800円/小学生以下無料

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報