流血騒ぎも!? オードリー、ビーチフラッグで大熱戦!

「PRIME TOWN 町おこし宣言」イベントのビーチフラッグ大会で“正々堂々”と戦ったオードリーの春日さん(上)と若林さん(下)
  • 「PRIME TOWN 町おこし宣言」イベントのビーチフラッグ大会で“正々堂々”と戦ったオードリーの春日さん(上)と若林さん(下)

8/3、ドコモが展開する「docomo PRIME series」のエンターテイメントサイト「プレイ!PRIME」のリニューアルを記念し、オードリーが登場。ビーチフラッグで、コンビ2人の“ガチンコ対決”となった。

「PRIME TOWN 町おこし宣言」と銘打った同イベントでは、オードリーの春日俊彰さんがPRIME TOWNの“町長”に、若林正恭さんが“助役”に就任。同サイトのリニューアルにともない、サイト内でビーチフラッグ大会が行われるということで、急遽、2人だけで「ビーチフラッグ大会」を行うことに…。

素肌にピンクのライフジャケットという出で立ちの“春日町長”は「ビーチフラッグで負けたことはない!」と、堂々の勝利宣言。一方、スーツ姿を崩さない“若林助役”も、「(春日は)こんなにメタボなので、負けるわけにはいかない」とクールに反撃。さて、その結果はというと…。

みごと、若林さんの圧勝! スタートダッシュからその差は明らかで、春日さんが、勢いあまって傷をつくってしまうというハプニングや、若林さんに踏みつけられるという屈辱的な場面も。

とはいえ、ここで負けを認めるわけにはいかない“春日町長”、「もう一回やらせてください! 次は勝ちます」と会場を沸かせ、なんと異例の2ラウンドへ突入!

2回目も、もちろん若林さんの勝利だったが、最後力づくでゴールの旗を奪い取った春日さんが、満面の笑みで勝利宣言。一勝一敗の引き分け(?)という結果に、渋々納得の様子だった。

「プレイ!PRIME」内で、実際に春日町長も参加するビーチフラッグ大会が開催されるとあり、春日さんも「町長自ら、国民の皆さんのために参戦しますよ! 負ける気がしませんね」と、最後まで強気の姿勢。“若林助役”は、「その間、(プレイ!PRIME内で)、僕がどこにいるか探してくださいね〜。一般の人よりも“華”がないんで(笑)」と、会場から爆笑をさらっていた。

白熱した戦いを振り返り、「(報道陣カメラの)フラッシュの量に舞い上がっちゃいまして(笑)」と、予想以上に本気になったという2人。フラッシュはなくとも、みんなで盛り上がれそうな携帯サイト「プレイ!PRIME」は、ビーチフラッグ大会だけでなく、ミニゲーム等の追加により、ユーザーの注目を集めそうだ。 【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報