妻夫木聡、韓国若手トップ俳優から「一生の友だち」とソウルな仲に

撮影を通じて親交を深めた妻夫木聡とハ・ジョンウが舞台に登壇
  • 撮影を通じて親交を深めた妻夫木聡とハ・ジョンウが舞台に登壇

裏世界に生きる日本と韓国の青年の友情を描いた『ノーボーイズ、ノークライ』(8月22日公開)。本作に因み、駐日韓国文化院で実施されたプレミア試写会には、主演の妻夫木聡とハ・ジョンウが登場。撮影時の秘蔵エピソードの数々を披露した。

登壇早々「カムサムニダ!」(ありがとう)と、来場者に韓国語でお礼を述べた妻夫木。本作で韓国語に初挑戦した感想を聞かれると「本当に難しかったです。イントネーションで言葉の意味がかなり変わってしまうので、これには苦労しました。ちなみに、お気に入りの韓国語は“ウミモルゲッソ”(意味わかんない)です」と、はにかみながら答えてくれた。

また、劇中では妻夫木とジョンウがPUFFYの「アジアの純真」を熱唱する名場面も描かれており、このシーンの出来栄えについて妻夫木は「一発本番だったので、覚えるのが大変でした。語尾を強調したりして、誤魔化しながら歌っていたかも(笑)」とコメント。またジョンウは「実はカンペを出してもらっていたんですけど、途中から盛り上がり過ぎてアドリブで動いてしまって。私がどう動くのか分からず、カンペの人が大変そうでした(笑)」と撮影中の裏話も暴露。

本作で初共演を果たした2人だが、撮影中は毎晩酒を酌み交わし、クランクアップを迎えた後は、ちょくちょく互いの国を行き来し合うほど仲が良い模様。「ジョンウさんは、プライベートから仕事のことまで本当にいろんな事が話せる、僕にとって“親友”と呼べる存在です」と語る妻夫木に、ジョンウも「聡という、一生を通して付き合いたい友達が出来たことが、この映画で得た最大の収穫です」と答え、舞台挨拶を締めくくった。【トライワークス】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報