あのUCCコーヒー缶が40周年で“甘さひかえめ”の本格派に進化!

味が進化!「UCC COFEE Milk&Coffee since1969 缶190g」(105円)
  • 味が進化!「UCC COFEE Milk&Coffee since1969 缶190g」(105円)

甘〜い飲みやすさで人気の「UCC COFEE Milk&Coffee」が、甘さひかえめのマイルドなコーヒーに進化! 世界初の缶コーヒーとして1969年に同商品が発売されてから40周年、見た目の雰囲気はそのままに、「UCC COFEE Milk&Coffee since1969 缶190g」(105円)として味を変えて8/31(月)に再登場する。

味は、通常の250g缶よりもさらに“コーヒー感”が強め。甘みもおさえ、いわゆる“あまったるい”コーヒーではないクリーミーな味が特徴だ。乳分も、脱脂乳ではなく牛乳と粉乳を使用しマイルドさを追求。さらに、グラニュー糖ではなくコーヒーシュガーを使用することで、カラメルの風味を感じる独特の香ばしい甘みの商品となった。

パッケージは当時のものを現代風にリメイク。茶色・白・赤の特徴的なトリコロールカラーはそのままに、より洗練されたデザインに変更した。

また、40周年記念として「純金製コーヒー缶」が1名にあたるキャンペーンを9/1(火)から10/31(土)の期間に開催。UCCのコーヒー缶そっくりの外見をした純金製コーヒー缶は、総重量5.6kg、なんと1969万円相当(※)のお宝商品だ。

「世界初の缶入りコーヒーとして、お子様からお年寄りまでさまざまな人に愛されてきたと思います。今回はコーヒー感が強めであること、コンビニを中心に販売することから、20〜40代の若い層を中心に飲んで欲しいですね」(UCC上島珈琲株式会社担当者)。

人気映画とコラボして「ヱヴァンゲリヲン缶」を作るなど、話題を集める缶コーヒーの記念缶。新しくなった老舗の味に注目だ。【東京ウォーカー】

※買付け時の金相場レートで換算、制作費等含む

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報