暑さも吹っ飛ぶ!?東北道に「氷の高速道路」出現

涼しげなオブジェが登場! 「氷の高速道路」
  • 涼しげなオブジェが登場! 「氷の高速道路」

これまで土日祝が対象だったETC休日特別割引だが、お盆期間中は交通の分散を図るため、8/6(木)・7(金)、8/13(木)・14(金)の平日にも割引が適用される。そんな中、8/6(木)から8/8(土)までの3日間、東北道佐野SA(下り線)で「夏のスッキリイベント」が始まり、初日となる8/6(木)に、巨大な“氷の高速道路”が登場した。

このオブジェ、130kgの氷を7個も使用したビッグサイズ。横5.5m、高さ120cmの氷のなかに、ミニカー70台を並べた冷た〜い高速道路なのだ。清涼感満点で、長距離移動の疲れもまさに吹っ飛ぶ感じだ。

この氷の高速道路の展示は一日だけだが、子供向けのプレゼント企画は期間中毎日実施。20個のミニカーを閉じ込めた約50kgの氷が目の前に現れ、自分の手で氷を溶かして、出てきたミニカーがそのままもらえるという内容で、期間中の9:00〜、11:00〜の1日2回実施される。8/6(木)のイベントでは、冷たい氷と大好きなミニカーとあって「北極にいるみたい」(5歳・女の子)、「こんな大きな氷を触ったのは初めて!」(7歳・男の子)と子供たちも目を輝かせていた。

「少しでも快適で思い出の残る休暇となっていただければと思っています。またお子さまには、ご自身が溶かしたミニカーをもれなくプレゼントいたしますので、ぜひご家族でお立ち寄りください」とNEXCO東日本PR事務局。

夏の暑さやイライラもスッキリ、涼しげなイベントを楽しんでみては。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報