スカーレット、M・モンロー役の最有力候補に

現代のセックス・シンボル
  • 現代のセックス・シンボル

現代のセックス・シンボル、スカーレット・ヨハンソンが、新作『My Week With Marilyn』で、元祖セックス・シンボルの故マリリン・モンロー役を演じるのではないかと伝えられている。

同作はモンローが、『王子と踊子』(57)の監督と主演を兼ねたローレンス・オリビエと共演するためにロンドンにやってきた際に、モンローの世話をしたというローレンスの使用人の故コリン・クラークの日記に基づいて描かれるもの。同作のプロデューサーが語ったところによれば、「ケイト・ハドソン、エイミー・アダムス、ミシェル・ウィリアムズなどが候補に挙がっていますが、スカーレットが最有力候補」だそう。この結果は、スカーレットがモンローの再来と言われていることから考えても当然の結果だが、是非スカーレットに演じてほしいものだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報