たった5mm!携帯でも使える超小型USBメモリとは?

“着脱しない”メモリー交換機能搭載のマイクロUSBメモリー
  • “着脱しない”メモリー交換機能搭載のマイクロUSBメモリー

低価格で持ち運びに便利な小型ノートパソコンの売れ行きが伸び、今やモバイルのデータ保存に必要不可欠なUSBメモリーに“超小型”の商品が登場する! それは、バッファローから8月下旬に発売される「RMUM-H」(ホワイト・ブラック、2GB/1700円〜)だ。

この商品は、パソコン装着時に5mmしか外に出ず、持ち運ぶ際も“挿したまま”にできる、メモリー交換機能を搭載した“超小型”マイクロUSBメモリー。“着脱”の手間がかかる通常のものとは違い、置き忘れや紛失の心配がないのはもちろん、カバンからの出し入れもスムーズだ。また、パスワードと暗号化でデータを守る「SecureLockMobile」にも対応しているので、安心してデータを持ち運べるようになっている。

そのほか、メモリー部の「microSD」、「microSDHC」カードは“防水仕様”で、不意の水濡れによる故障も防げる優れもの。本体部は「microSD」、「microSDHC」対応のカードリーダーとしても使用でき、標準添付された「Windows Live フォトギャラリー」を使うと、携帯電話やデジカメで撮影した写真や動画を楽しく簡単に管理、編集、共有できる。

「小型ノートパソコンの売れ行きが伸びており、ノートパソコンに特化した製品ができないかと検討した結果、挿したまま持ち運びが可能な『microSD』用のアダプターを開発しました。小型にすることで携帯電話のストラップに繋げても違和感のない形状がコンセプトのデザインです」と話すのは、販促グループの永井さん。

メインターゲットは、携帯電話で写真をよく撮ってパソコンに保存するユーザー。年間の売り上げは24万台を目標としている。

外出先でパソコンを使うことが多い人にうってつけのこの商品。価格も手ごろなので、ぜひ試してみてはいかがでしょう。 【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報