椿山荘で若手アーティストの現代アート展が開催

北川純さんは、写真のようなジッパーを、椿山荘庭園の池の端から端まで伸ばす「池ジッパー(仮称)」を出品予定
  • 北川純さんは、写真のようなジッパーを、椿山荘庭園の池の端から端まで伸ばす「池ジッパー(仮称)」を出品予定

東京・文京区にある椿山荘で、若手アーティスト46人による現代アート展「団・DANS Exhibition No.5 真夏の夢−椿山荘ー」が開催される。

注目はなんといってもその規模。2万坪の日本庭園やパーティールームを舞台に、絵画・彫刻・映像・インスタレーションなど、あらゆる表現が展開。庭園の池の端から端までジッパーを延ばし、その開いた中から青空が見えるイメージの壮大な作品など、都心とは思えない壮大なアートが園内を彩る。

また、館内のカフェでは、作品をモチーフにしたスイーツも味わえるので、こちらもチェックしておきたい。

東京の真ん中で行われるこの真夏のアートイベント。入場は無料なので、ぜひのぞいてみては?【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報