【開国博通信Vol.99】Y150「象の鼻パーク」で夕涼みしてきた!

象の鼻カフェでビール&ソーセージ。遠くにはカップルさんの姿も
  • 象の鼻カフェでビール&ソーセージ。遠くにはカップルさんの姿も

夕方は曇り空になって、ちょっと涼しくなった8/9(日)。象の鼻パークに足を伸ばして、象の鼻テラス内象の鼻カフェのビアガーデン(17:00〜22:00、日曜は〜20:00。フードは閉店60分前LO、ドリンクは30分前LO)に行って参りました。

ビアガーデンですが、17:00以降に楽しめるフード&ドリンクメニューが新たにスタートしたということで、席は終日設けられているテラス席の利用となります。とはいうものの、ことしオープンの新名所の中でも見晴らし&アクセスのよさで屈指の注目度となっている象の鼻パーク。それでは早速ビール(レーベンブロイ・500円)&ソーセージ700円で乾杯。ほかにカクテルでは「海のゾウ」をイメージしたシーゾウ650円がありブルーキュラソーにウォッカをプラス。また、週末は毎週土曜限定(入荷次第販売)の自家製天然酵母のパン=ゾウパン700円や、クルミやレーズンなどを練り込んだゾウダンク700円なども登場します。

象の鼻パークといえば【開国博通信Vol.95】でご紹介しました日比野克彦氏の「明後日朝顔灯台」。こちらに仲間が一基加わっていましたので、チェックしてみよう!【横浜ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報