映画“色即〜”の田口トモロヲ監督とモテない文科系男子を好演した渡辺大知が語る!

「僕自身も音楽をやりたくてモヤモヤしていました」と渡辺
  • 「僕自身も音楽をやりたくてモヤモヤしていました」と渡辺

「アイデン&ティティ」('03)に続き、田口トモロヲ監督が盟友・みうらじゅんの自伝的青春小説「色即ぜねれいしょん」を映画化! 1970年代の京都を舞台に、ロックな生き方にあこがれるモテない文科系男子高生がギターを片手に出たひと夏の旅をとおして、成長していく姿を描く。主人公の純役に抜擢されたのは、迫力のライブで話題を集める神戸出身のバンド・黒猫チェルシーのフロントマン、渡辺大知だ。そのほかにも、リリー・フランキーや峯田和伸(銀杏BOYZ)、岸田繁(くるり)といった個性派キャストがそろう本作について、田口監督と主演の渡辺にインタビュー!

─渡辺さんはオーディションで純役に選ばれたんですよね。演技初挑戦にて初主演で、かなりのプレッシャーだったのでは?

渡辺「僕にとって何もかもが初めてで、何がプレッシャーでどこにプレッシャーを感じているのかさえわからないくらいでした(笑)」

田口「黒猫チェルシーでの渡辺君のパフォーマンスは、すごいキレっぷりなんですけど、普段はシャイで純粋。ぎこちない感じが役にぴったりだなって。人間誰しも持っているいろんな面を描くというのも今回のテーマだったので、純役にはそのギャップが必要だったんです。それに、小器用にイケてない感じをモテる俳優に演じられてもリアリティがなくなるので、モテそうな人には演じてほしくなくて(笑)。だから、渡辺君というホントにいい“素材”と巡り合えてよかったなぁと感謝してます。僕が監督をやる意義は、あっと驚くキャスティングにあると思うんです。そういう意味でも本当にロックでパンクな映画になったなと。こんな個性的なメンツではもう二度と一緒に映画は作れないだろうなっていうくらい(笑)」

渡辺「そう言ってもらえて、うれしいです。オーディション会場に連れて行ってもらう時は“どこへ連れて行かれるんやろう…”って不安やったんですけど(笑)、会場の扉を開けたら大好きな田口監督がホンマにいてすごく緊張しました」

田口「実はドッキリだと思ってたんだよね。いつ“ドッキリです!”って言われても言いように覚悟してたって(笑)」

─実際に役に選ばれて、田口監督から演技について渡辺さんはどんなアドバイスを受けましたか?

渡辺「最初は何もわからなかったので、演技が大げさになってしまったりしたんですけど、監督から“純じゃなく、渡辺君のままでいいから”と言われて、役を自分に置き換えて演じました。だから台本の役名も“渡辺”に書き換えて、その場で感じたままにやろうって」

田口「渡辺君を始め、ジャンルは違えど“表現者”としての自分をしっかりと持っているキャストばかりなので、役を演じるというよりも役を彼ら本人に近づけたんです。昔、ある監督に“表現者は自分で考えるものだ”と言われて以来、僕もそうだと思っていて。なので、演技の技術的なことは渡辺君にレクチャーしつつ、エモーショナルな感情の表現に関しては本人にゆだねました」

─劇中での渡辺さんは、本当に冴えない純をとても自然に演じられていたと思います。この映画が完成して、今はどんな心境ですか?

渡辺「僕にとって何もかもが初めてで、悩むことも多かったけど、自分のすべてを注ぎ込んだ作品なのですごく刺激になりました。撮影当時、高3だった自分の記録を観ているような感じです」

田口「映画の最初と最後じゃ、渡辺君の顔つきが全然違うんですよ。僕も彼の姿を観ていて“本当に成長しているんだな”って実感しました。本当に高3の渡辺君にしかできない演技だったと思います」

─では、最後に…この映画をどんな人に観てもらいたいですか?

田口「“青春”という普遍的なものをテーマにしているので、とにかくいろんな人に観てほしいですね。特に(この作品は)“文科系「クローズZERO」”だと思っているので(笑)、コンプレックスを持っている人は観た後、きっとコンプレックスは個性だと思えるようになっていると思います」

渡辺「僕は『クローズZERO』の人にも観てほしいですね。小栗旬さんとか…」

田口「『クローズZERO』を観に行く人じゃなくて、出演者なんだ(笑)?」

渡辺「もちろん観に行く人もです(笑)! 『色即ぜねれいしょん』を観て、あこがれの存在は不良だけじゃないぞって、文科系にもあこがれてほしいですね(笑)」

【関西ウォーカー】

■上映情報」

「色即ぜねれいしょん」

監督:田口トモロヲ 原作:みうらじゅん 出演:渡辺大知 峯田和伸(銀杏BOYZ) 岸田繁(くるり) 堀ちえみ リリー・フランキー 臼田あさ美('09スタイルジャム)上映時間:114分

※8/8(土)より梅田ガーデンシネマほかにて公開

キーワード

[PR] おすすめ情報