叶姉妹が“ワニ”パニック映画イベントに呼ばれたワケ

叶姉妹が“ワニ”パニック映画をPR!
  • 叶姉妹が“ワニ”パニック映画をPR!

巨大なワニを相手に、姉妹が生き残りを賭けて戦うパニック・アクション『ブラック・ウォーター』(8月22日公開)。本作のイベントになぜか叶姉妹が登壇。その理由を本作の宣伝担当者に聞いてみた。

まず、そもそもこの映画の内容が“姉妹がワニに襲われ、生き残りをかけて戦う”という作品のため、姉妹つながりで、叶姉妹、スザンヌ&マーガリン姉妹、幸田姉妹などが上がったそう。その中でも叶姉妹は、かつてワニを飼っていて(!)、この映画のロケ地へも行ったことがある(!)という接点が強かったため、仕事をオファーしたとのこと。

最初は“叶姉妹のトークショー”という内容だったらしい。ところが、宣伝担当者曰く、「美香さんとお話をしているときに、美香さんのほうから『ワニとか呼ばないんですか?』とのご提案をいただき先週あわててワニを貸してくれる業者を探しました。恭子さんも『私、今クロコダイルのドレスも探しておりますので』」とノリノリだったとか。やりとりの光景が浮かんできそうな話だ。

結果としてはドレスの手配までは実現しなかったものの、2人の提案でワニを呼ぶことが決定。当初、ワニ本物を呼ぶのは、会場的にも難しくなるし、叶姉妹自身が嫌がったり危険も伴ったりするという懸念のため止めようと思っていたらしいが、そこは叶姉妹。イベントをより楽しくするための協力を惜しまない。

イベント当日は、小さいながらに凶暴なワニがゲストだったが、さすがは叶姉妹、一瞬で手なずけていた。宣伝担当者は「囲み取材のときはワニはいない予定だったんですが、あまりになついていたので、恭子さんに囲みの際もお持ちいただくことになりました」と最後までペースを持って行かれた模様。

本作の感想を聞かれると、「夏にぴったりなカキ氷のような映画」、「心理的にぐぐっと引き込まれる。自分がその場に居合わせたような感覚」と、2人とも作品を大絶賛。イベントのような和気藹々とした映画ではないのでご用心を。【MovieWalker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報