衝撃!M・モンロー、不倫相手の子供を流産していた!?

噂は絶えない
  • 噂は絶えない

死後も噂の絶えることのないセックス・シンボルのマリリン・モンローが、不倫相手の子供を流産していたという仰天報道が流れている。『お熱いのがお好き』(59)でモンローと共演したトニー・カーティスによれば、当時モンローは劇作家のアーサー・ミラーと、トニーはジャネット・リーとそれぞれ結婚していたが、撮影中に不倫しており、モンローが妊娠してしまったそう。

「突然モンローが、私たちの子供を妊娠していることをアーサーに告白したんです。私は驚いて、静まり返った衣裳部屋の中で立ちつくしているだけでした」「後日アーサーに、『医師に見てもらったところ、あなたの子供ではありませんでした』と告げられました。彼女も私も、そうは思っていませんでしたが。それで私がするべきことをアーサーに尋ねたところ、『とにかく撮影を終えること。その後は、私たちの周りから消えてほしい』と言われました」「そのとき彼女は泣いていましたが、私は言われた通り、撮影後には2度と彼女に会いませんでした。そしてその後、流産したことを知りました」とナショナル・エンクワイラー誌に語っている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報