ゲイの監督も「性欲を感じてしまう」ペネロペの新作

ペネロペは別格
  • ペネロペは別格

同性愛者として有名なペドロ・アルモドバル監督がペネロペ・クルスをミューズにしている理由は“彼女には性欲を感じる”だからだという。

妊娠4カ月と噂されているペネロペは、アルモドバル監督の新作『Broken Embraces』では女優志望のコールガールを演じており、病身の父を助けるために億万長者の愛人になるという役どころ。“同作のペネロペは、現実味が無いほど美しい”と英紙ガーディアンは評している。

「多くの女優と一緒に仕事をしたが、真の意味で性的欲望をおぼえるのはペネロペだけだ。映画監督として、主演女優とは常に精神的に深いレベルでつながるが、性欲などというものは全く感じない。しかし、ペネロペだけは違う。性的にそそられるんだ」と同監督は語っている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報