ブリトニーとJ・ティンバーレイクの悲恋がオペラに

オペラになるなんて
  • オペラになるなんて

2002年に破局したブリトニー・スピアーズとジャスティン・ティンバーレイクの悲恋をモチーフにした新作オペラが製作されている。

『Timberbrit(ティンバーブリット)』というこのファンタジーオペラは、昨年部分的にニューヨークで上演されて好評を博したため、今度は一本の完成した舞台作品にするべく手が加えられているという。“転落の末に最後のコンサートの日を迎えることになったブリトニーのもとに、7年前に別れた恋人ジャスティンが駆けつけて彼女への愛を告白するが、ブリトニーは彼への愛ではなく観客への愛を取ることを決意する”という架空のストーリーになっているそうで、作曲はヤコブ・クーパーが手掛け、台本はユカ・イガラシが担当している。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報