「演じたいのは政宗か謙信!」早乙女太一が戦国武将を語る

戦国武将をモチーフにした「iPhone 3GS/3G」の専用ケースの発表会が、ソフトバンク表参道で開催され、俳優の早乙女太一さんが登場
  • 戦国武将をモチーフにした「iPhone 3GS/3G」の専用ケースの発表会が、ソフトバンク表参道で開催され、俳優の早乙女太一さんが登場

8/14、戦国武将をモチーフにした「iPhone 3GS/3G」の専用ケースの発表会が、ソフトバンク表参道で開催され、俳優の早乙女太一さんが登場。個性的な“iPhoneケース”にちなみ、演じてみたい戦国武将などを大いに語った。

「織田信長」「伊達政宗」「上杉謙信」「直江兼続」「真田幸村」をモチーフにデザインされた、5つの「iPhone 3GS/3G 専用ケース」を見た早乙女さんは、即座に「“伊達政宗”のデザインが好きですね」とコメント。なんでも、政宗の兜の三日月のデザインや、静かな雰囲気が気に入ったのだとか。

また、「この5人の中で演じてみたい武将はいますか?」という質問に対しても、「上杉(謙信)か、(伊達)政宗がやってみたいですね」と、早乙女さん。同席した、歴史家の加来耕三先生も、「最近は、武将がイケメンに描かれることが多いですから(笑)。早乙女さんはぴったりですね」と、太鼓判を押されていた。

この日、黒の個性的なスーツを着こなしていた早乙女さんだが、「目標にしている俳優は、ジョニー・ディップ」ということが判明。「(映画)パイレーツシリーズから、色んな作品を観て、コメディからシリアスまでなんでも出来て、とても魅かれるんですよね」とのこと。個性が光る早乙女さんらしい、“目標”だった。

「JAPAN TEXTURE Special Editions for iPhone 3GS/3G」と名付けられた、今回の「iPhone 3GS/3G」専用ケースは、戦国時代を代表する5名の武将、「織田信長」「伊達政宗」「上杉謙信」「直江兼続」「真田幸村」をモチーフに、「もし彼らがiPhone 3GS/3Gを持っていたら」というコンセプトの下、各武将の信条や愛用品をiPhone用ケースと、iPhoneを収納する専用袋に散りばめたデザインが特徴の新アイテム。

値段は、9万9800円(!)という高級価格だが、ケース本体には、300年以上の歴史を持つ京漆器の代表的な老舗「象彦」による高度な技術で、みごとな“和の世界”が表現されている。

8/14(金)より、SoftBank SELECTION オンラインショップ(http://softbankselection.jp/)にて販売申込み受付を開始。ケースと専用袋で10万円弱という、この贅沢アイテム。どんな人が買うのか注目したいところだ。 【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報