大野拓朗、湊かなえ作品で“嫌な奴”役に人生初挑戦!

オムニバスドラマ「望郷」の中から「雲の糸」に出演する大野拓朗と原作者の湊かなえ
  • オムニバスドラマ「望郷」の中から「雲の糸」に出演する大野拓朗と原作者の湊かなえ

テレビ東京系で9月28日(水)夜9時から放送するオムニバスドラマ「湊かなえサスペンス『望郷』」で、大野拓朗が出演することが分かった。

本ドラマは湊かなえの同名ミステリー短編集から珠玉の3編、「みかんの花」「海の星」「雲の糸」を映像化したもの。大野は、その3編の中で「雲の糸」に出演し、人生において初めての役柄・“嫌な奴”に挑戦する。

大野が演じるのは、人気アーティストの主人公・黒崎ヒロタカの同級生で、瀬戸内海のとある島で幅を利かせている鉄工所の息子・的場裕也。

「会社の50周年記念パーティーを開くから」と、島出身のヒロタカを来賓として招くが、ヒロタカの過去に付け入り、何かと無理難題を押し付け、彼を追い詰める「見ていて実にイラッとくる」役どころだ。

阿部真士プロデューサーは大野の起用について「今回、思慮深いという言葉とは縁遠い人物・的場裕也をキャスティングするにあたり、迷いはありませんでした。読書家で爽やかで都会的な大野拓朗君が演じてくれれば面白い、とピンと来たからです。快諾してくれて、こちらが望み、イメージした通りの人物を好演してくれました」と説明した。

放送を前に、大野から視聴者へ向けてコメントが届いた。

■的場裕也役・大野拓朗コメント:念願の“嫌なヤツの役”をいただきました。すごくうれしかったです。

今まで自分が出会ってきた人たちの、言動・行動・心理を自分なりに改めて分析してみて、いろんな人の要素を含めて「的場裕也」を作り上げてみました。

いつも役に対する履歴書を作るんですが、的場くんの家族構成や血液型、星座、学歴など、僕のイメージと湊先生のイメージが全く一緒だったんです! 感激しました。それだけでもモチベーション上がりまくりでした。

島に住んでる人、都会に住んでる人、田舎に住んでる人…、誰が見てもとても楽しめる、“湊ワールドさく裂”な人間ドラマとなりました。

しかも、今回は“救い”があります。そこに湊先生の故郷の島に対する光や温かさを感じています。ぜひ見てください。読後感がスッキリな作品です!

「六本木3丁目移転プロジェクト ドラマスペシャル サスペンス 『望郷』」
9月28日(水)夜9:00-11:18 テレビ東京系にて放送
原作=湊かなえ「望郷」所収「みかんの花」「海の星」「雲の糸」より(文春文庫刊)
脚本=浅野妙子(みかんの花)、大島里美(海の星)、小寺和久(雲の糸)
演出=新城毅彦(みかんの花)、中前勇児(海の星)、藤井道人(雲の糸)
プロデューサー=阿部真士、田辺勇人、平部隆明、鈴木俊明、大健裕介
チーフプロデューサー=中川順平
「みかんの花」出演=広末涼子、水野美紀、田中圭、水橋研二、山口まゆ、中村靖日、田辺桃子、倍賞美津子ほか
「海の星」出演=伊藤淳史、若村麻由美、加藤清史郎、平山あや、紺野まひる、橋本じゅん、平佑奈、モト冬樹、椎名桔平ほか
「雲の糸」=濱田岳、内山理名、大野拓朗、井頭愛海、西岡德馬、麻生祐未ほか

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報