主演は祥子!北村悠が恋愛グラビアで脚本に初挑戦

週刊ポストで謎の美女として話題を集めた祥子
  • 週刊ポストで謎の美女として話題を集めた祥子

元アイドルユニットのメンバーで、現在俳優として舞台を中心に活躍する北村悠(31)。

北村悠
  • 北村悠

そんな北村が、このたびスマホマガジン「週刊ジョージア」で初めて脚本・構成を手掛けた。

【写真】大粒の涙を流す祥子!いったい何が…!?
  • 【写真】大粒の涙を流す祥子!いったい何が…!?

北村が脚本・構成を手掛けたのは、山田孝之が表紙を飾るスマホマガジン「週刊ジョージア」のグラビア企画「純愛フォトノベル 妄想カノジョ」。毎号、一人の女性タレントが妄想の相手役を演じ、切ない純愛物語を高画質の写真で紡ぐグラビア企画だ。

祥子4
  • 祥子4

きっかけは、北村が自身のブログに上げた「北村妄想ストーリー(仮)」という投稿。手紙のやり取りから浮かび上がる男女の機微を、男女両者の目線から描いくという北村の非凡な才能にほれ込み、担当編集が即日オファーした。北村自身、30歳を迎え、新たな世界へのチャレンジの一つとして快諾し、企画が実現したのだ。

祥子3
  • 祥子3

今回の作品のタイトルは「紫陽花の咲く路地裏で……」。ブログの作品同様、一つの物語を男女両方の目線で描く。一組の男女の別れをテーマに、そこに至ったいきさつなどが両者の気持ちを読み進めることで深く理解できる仕組みになっている。

祥子5
  • 祥子5

そんな処女作の女優に選ばれたのが、週刊ポストで謎の美女として話題を集めた祥子(31)。北村自身が、今回の物語を作る際に真っ先に想い浮かんだのが祥子だったという。奇しくも31歳同士、妄想の物語でありながら祥子をキャスティングした北村のリアルな感覚も作品に深みを持たせている。

祥子6
  • 祥子6

北村が初挑戦した「紫陽花の咲く路地裏で……」は、男性目線の前・後編、女性目線の前・後編の計4本を週刊ジョージア(https://weekly-g.jp/)にて現在配信中だ。明日、9月17日(日)には撮影時のエピソードと未公開ショットを蔵出しする特別編も配信される。【週刊ジョージア】

祥子7
  • 祥子7
「週刊ジョージア」で祥子のグラビアを見る方はこちら!!(無料/登録不要)



関連記事
「妄想カノジョ」山崎真実

「展示会ミーハー調査団」


その他、多くの記事を公開中★★

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報