せいかいなんてない…!? さくら学院が“個性的カルタ”を続々作成

倉島颯良(右)のシュールなカルタに、思わず笑みを漏らす森萌々穂(ももえ・左)
  • 倉島颯良(右)のシュールなカルタに、思わず笑みを漏らす森萌々穂(ももえ・左)

アイドルグループ・さくら学院が9月17日、神奈川・はまぎんホールヴィアマーレにてイベント「公開授業 カルタの授業」を開催した。

さくら学院の「公開授業」は毎回各ジャンルの専門家を講師として呼び、さくら学院の生徒たちが知見を広めるという企画で、不定期で行われているもの。

今回はさくら学院“校長”で「ことば絵本 明日のカルタ」などの著書もある倉本美津留が講師を務め、メンバーがくじ引きでひいた50音をもとに「さくら学院の活動を通して後世に残したい言葉・メッセ―ジ」を各々カルタにして作るという趣向で、生徒を入れ替え3部制で“授業”が行われた。

メンバーが作ったカルタは、生徒会長の倉島颯良による「“ち”っちゃいクマムシを積み重ねたら、スカイツリーに届くかも」のほか、中等部2年の岡田愛が「“し”んじてみよう。となりの子を。」、小等部6年の有友緒心が「“せ”いかいなんてない。だけど全部せいかい!」、同じく小等部6年の吉田爽葉香が「“は”ーと、息がでる『はーと』がしゃべっているのかな?」など、それぞれの個性があふれたもの。

そしてイベントの最後には、倉本校長演奏によるギターを伴奏に、普段ライブでは聴くことのできないさくら学院の楽曲「さくら百人一首」を約5年振りに披露。集まった“父兄”(さくら学院ファン)を大いに喜ばせていた。

さくら学院「公開授業 カルタの授業」
日時:2016年9月17日(土) ※昼12:00、昼3:15、夜6:30からの3部制
会場:神奈川・はまぎんホールヴィアマーレ
出演:さくら学院(※1時限目=黒澤美澪奈・麻生真彩・新谷ゆづみ・藤平華乃、2時限目=倉島颯良・岡田愛・日高麻鈴・森萌々穂、3時限目=山出愛子・岡崎百々子・吉田爽葉香・有友緒心)、倉本美津留、森ハヤシ
※日高の「高」ははしご高が正字

「さくら学院祭☆2016」
日程:2016年11月12日(土)、11月13日(日)
会場:千葉・舞浜アンフィシアター
チケット一般発売:2016年10月15日(土)昼0:00~

「メロディック・ソルフェージュ」セット(「メロディック・ソルフェージュ」Music Video DVD、オリジナル・トートバッグ、オリジナル・ノートを同梱)
発売中
価格:3500円(税別)
※ライブ・イベント会場およびオンラインショップ「アスマート」限定販売

DVD「秋桜学園 合唱部」
2016年11月3日(木)発売
収録内容:舞台「秋桜学園 合唱部」本編(2016年9月3日公演 約70分収録予定)および特典映像
※ライブ・イベント会場およびオンラインショップ「アスマート」限定販売

キーワード

[PR] おすすめ情報