出演者が全員“男”の“漫画家マンガ”映画って?

イケメン高校生たちが、漫画家を目指して大奮闘
  • イケメン高校生たちが、漫画家を目指して大奮闘

漫画の中には、漫画家を目指す主人公たちの青春を描いた“漫画家マンガ”というジャンルが存在する。8月22日公開の『僕らはあの空の下で』は、まさにそんなストーリーなのだが、なんとこの映画、出演者がイケメン揃いで、女性がひとりも出てこないのだ!

出演しているのは、古川雄大や細貝圭など、「ミュージカル・テニスの王子様」に出演した美形の若手俳優。「ミュージカル・テニスの王子様」といえば、『僕らは〜』同様、出演者すべてが男性で、若い女性から「テニミュ」の略称で熱狂的な支持を受けている演劇シリーズ。それに出演したメンバーが再集結し、青春の情熱に突き動かされ、友情のすれ違いに苦悩する少年たちの姿を瑞々しく演じる。

“漫画家マンガ”には、多くの漫画少年たちのバイブルとなった藤子不二雄Aの「まんが道」や「デスノート」の原作者と漫画家が再びタッグを組んだ「BAKUMAN」といったものがあるが、本作はさながら美少年たちが紡ぎ出す現代版「まんが道」。

「テニミュ」にハマった女性はもちろん、漫画を愛するすべての人にお勧めしたい1本だ。『僕らはあの空の下で』は、渋谷シアターTSUTAYAで8月22日より公開。【トライワークス】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報

注目のキーワード