出演オファー殺到!注目の国際派「オトコマエ!」俳優

高校生役もさまになっている、注目のイケメン・斎藤工
  • 高校生役もさまになっている、注目のイケメン・斎藤工

NHK時代劇「オトコマエ!」でプレイボーイの若侍・武田信三郎を演じ、福士誠治演じる熱血漢の主人公との名コンビぶりで注目を浴びた斎藤工は、いま最も期待されているイケメン俳優のひとり。ファンの熱い思いが叶ってか、この9月から続編の「オトコマエ!2」が放送開始となるが、実は2009年は斎藤工の年と言ってもいいぐらい、映画館で彼の姿を見かける機会が多い。

何作か例を挙げると、この夏以降の作品では、内田春菊原作のスプラッター・ホラー『吸血少女対少女フランケン』で、主人公である吸血鬼のボーイフレンドを、10月公開の『悪夢のエレベーター』では、妻の出産に立会いに行く途中でエレベーターに閉じこめられてしまう男をそれぞれ演じ、イケメンぶりを存分に披露してくれる。

また彼は、『新宿インシデント』でジャッキー・チェンと共演し、『カフェ・ソウル』では韓国の人気スターJohn-Hoonを相手に堂々とした演技を見せるなど、国際派俳優としても注目度が急上昇中。

さらに、『20世紀少年 最終章 ぼくらの旗』(8月29日公開)や『ロボゲイシャ』(10月公開)、来年には、ビッグタイトル作品への出演も決まっているなど、その怒濤の勢いはとどまるところを知らない。八面六臂のオトコマエ・斎藤工の活躍は、これからも続きそうだ。【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報