上戸彩がアフレコ会見“泣ける”『ATOM』に感激!

主人公アトムを演じる上戸彩とアトム人形
  • 主人公アトムを演じる上戸彩とアトム人形

手塚治虫の代表作「鉄腕アトム」が本格的に映画化されるアメリカ版『ATOM』(10月10日公開)。その日本語吹替版で、主人公アトムの声を担当した上戸彩のアフレコ会見が行われた。

日本を代表するキャラクター・アトムの声を演じることについて、「ものすごく嬉しいです。リアルタイムで見ていなかったし、実際ストーリーも分からなかったんですが、アトムが世界的なヒーローだということはすごく知っているし、なぜか歌も歌える。それだけ大きな作品に自分の声が入れられるということはすごく嬉しくて」と感激しきり。

アトムを演じるとき意識したことは何だったのだろうか? 「監督さんにも『ありのままの声で大丈夫です』と仰ってくださっていたんですが、アトムの顔を見ながらしゃべっていると自分の中でも少年を意識した声が出てきました」

続けて、「アクションシーンでは結構体を動かしながら演じていました。口とセリフを合わせる部分については何度も何度も絵をみてアトムに合わせました」とアフレコを振り返った。

最後に、上戸が「映画版『ATOM』は“泣ける”お話です。私は『ATOM』が泣けるお話だとは知らなかったので、初めて台本を読ませていただいて、字幕版を見たんですけどすごく感動しました!」と感想を述べた。

強くて優しいイメージがある「鉄腕アトム」が“泣ける”という、ひと味違った感動ものになる映画版『ATOM』。上戸彩の声が重なる画をスクリーンで感じてみて。【MovieWalker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報