エレファントカシマシ宮本が語る、新曲に込めた思い

宮本浩次が最近の心境を語った
  • 宮本浩次が最近の心境を語った

デビュー20年のエレファントカシマシが、昨年秋から快調だ。レコード会社移籍後のシングル第1弾「俺たちの明日」がヒット、年始に出したアルバム「STARTING OVER」は多くの新規リスナーを獲得した。さらにシングル2枚を経て、10月に新曲「新しい季節へキミと」を発売する。従来とは趣を異にする前向きポップ路線が続くが、作詞作曲・ボーカルの宮本浩次は紆余曲折を経ていまなにを思い、世に歌を届けているのだろう。

「長く同じメンバーでバンドを続けている間に、レコード会社をクビになったり、『解散かな』なんてことも、まあ、あったわけですが、いろんなことを経て、『俺たちの明日』という、正々堂々と歌える歌が作れたことがまずデカいです。そして確かにそれからというもの、僕らの曲が、ゆっくりと、ゆっくりとですよ、届き始めているという実感はあります。ありますが、ダーッ!とこう一気に広がったというのでもない。なにかみんなが、このベテランに、期待をしてくれている。『誠実さと力強さを兼ね備えた人たちだ』という捉え方をしてくれている。そういう感じはいたします。身が引き締まる思いです、ホントに」

今回の新曲も、昨秋からの流れにのり、明るく、ポジティブだ。

「やっぱり誰もが、前向きな思いを喚起してくれるものを聴きたいし、作りたいと思っている。ただ、誰だって、いつも『さあ行こうぜ!頑張ろうぜ!』という気持ちなわけではなく、“憂いの季節”もあるわけです。今回の歌詞でいえば、『俺しか知らない明日へ今すぐ飛んで行けるはず』(なんだけれども、ま、しかしどうなんだろう…)みたいな。そういう、人生にはいろんな“時期”がある、という思いで歌っております」

18年前、エレカシは「豚に真珠だ貴様らに 聞かせる歌などなくなった」(「男は行く」)と歌った。このバンドにそんなイメージを抱く人も少なくないだろう。

「いや、ヒットを狙いまくってるんです、信じられないことに(笑)。20年前のファーストアルバムから狙いまくってます。僕は、大衆性のある、“紋切り型”なものってすばらしい、と思っておりますし、ずっと、非常にポップなテーマを歌っているつもりです。それがストレートに届く時と届かない時があるのは、麻酔がなぜ効くのかわからないのと同じくらい、わからない。その模索が、エレファントカシマシの、僕の、歴史だということです」

「新しい季節へキミと」(SINGLE/ユニバーサル シグマ/A&M)¥1100
2008年10月1日(水)発売
〈曲目〉新しい季節へキミと/It's my life ※初回盤CD+DVD(¥1800)には、ことし6月に行われた日比谷野外音楽堂のライブより8曲を収録。初回盤CD+DVDに収録される8曲は「パワー・イン・ザ・ワールド」「孤独な旅人」「今をかきならせ」「友達がいるのさ」「笑顔の未来へ」「FLYER」「俺たちの明日」「今宵の月のように」。19年連続で開催されている恒例ライブの映像だけに、エレカシのステージでの魅力が凝縮。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報